« 日々雑録 2003.6.24-2004.6.8 | トップページ | 電車男とエルメス子は誰だ? »

2004年6月 8日 (火)

ボストリッジ

BLOGを立ち上げてみた。割りと簡単に登録できた。手始めに、「日々雑録 ウェブ版」をこちらに移行した。大きい記事になってしまった。

今ちょうど、ボストリッジ Ian Bostridge と内田の「美しい粉引き屋の娘」をビデオで聞きなおしている。非常に神経質そうな歌手である。ヘフリガー、ディースカウという端正なドイツリート歌手が、現代楽器のオーケストラなら、彼はちょうど古楽器オーケストラのようだ。フレーズをクレッシェンドし、中ほどを膨らませてディミヌエンドする。表情の付け方はロマン的というより、古楽的だ。

付録で、映像作品としての「冬の旅」も放送されている。ピアニストが現れず、ポストリッジが、冬の旅人として、歌いながら、映像的にも心象風景を描くという趣向だ。

最近プレガルディエン Pregardien とかこのボストリッジだとか、ゲルネだとかリート歌手の活躍を耳にするが、本格的に聞くのは、今回が初めて。この時代、何が、ドイツリートをクローズアップさせているのか?興味がある。

|

« 日々雑録 2003.6.24-2004.6.8 | トップページ | 電車男とエルメス子は誰だ? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/735882

この記事へのトラックバック一覧です: ボストリッジ:

« 日々雑録 2003.6.24-2004.6.8 | トップページ | 電車男とエルメス子は誰だ? »