« イヴの七人の娘とアダムの呪い | トップページ | 電車男がやっとマスメディアに登場 »

2004年7月10日 (土)

FRANCK と RAVEL のソナタ

CD店のPOINTがたまったので カントロフとルヴィエが80年代にDENONに録音したCD 1050円を購入。いい演奏だ。録音にも満足。RAVEL ラヴェルのヴァイオリンソナタを本格的に聞くのはこのCDが初めてだが、凄い。吉田秀和氏の「私の好きな曲」に毒の魅力というような刺激的な評価がされているが、第一楽章の第二主題の浮遊するようなフレーズが特に魅力的だ。FRANCK フランク のは言わずと知れた名曲で、LPではパールマンとアシュケナージのコスモポリタン的な演奏、CDでは、古い録音でティボーとコルトーの録音で聞いてきたが、カントロフ盤は、音色、テクニック、表現とも全く不満がない。

|

« イヴの七人の娘とアダムの呪い | トップページ | 電車男がやっとマスメディアに登場 »

ディスク音楽03 アンサンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/937827

この記事へのトラックバック一覧です: FRANCK と RAVEL のソナタ:

« イヴの七人の娘とアダムの呪い | トップページ | 電車男がやっとマスメディアに登場 »