« JAL カレンダーにみる人種観、女性観 | トップページ | クリスマスナイトハイクと礼拝 »

2004年12月20日 (月)

映画DVD 「Mystic River」

今年の話題作として新聞に出ていたミスティック・リバーが 貸しビデオ屋で貸し出していたので、借りてきた。あのダーティ・ハリーのクリント・イーストウッドの監督作品だという。舞台はアメリカ東部。ボストン?のダウンタウン。現在から20年ほど前、近所に住む男の子の遊び友達三人組の一人が、変質者に誘拐され、四日後に生還する。現在三人は別々の生活を営んでいる。読んだことはないが、天童荒太の「永遠の子」とか言う小説の筋書きに似ているような気がした。淡々とした映像。家族で見たい内容ではないが、アメリカ映画的な派手さは抑えられ、人生の不可抗力的な転機というものを考えさせられる。なお、題名の Mystic River は 地名なのか普通名詞なのか。なぞの川、神秘な川。

|

« JAL カレンダーにみる人種観、女性観 | トップページ | クリスマスナイトハイクと礼拝 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/2322246

この記事へのトラックバック一覧です: 映画DVD 「Mystic River」:

« JAL カレンダーにみる人種観、女性観 | トップページ | クリスマスナイトハイクと礼拝 »