« 山下洋輔を見直す | トップページ | 恐竜の進化形が鳥類だという学説 »

2005年2月 1日 (火)

松岡正剛 千夜千冊

バリー・リンドンを検索していたら、松岡正剛 千夜千冊というページがヒットした。内容的に非常に多彩で深く面白い。

グールドの本についてのエッセイなどは、例の「草枕」の件などすごく面白いものだった。

なお、フルトヴェングラーの「音と言葉」(新潮文庫)で、ベームが生涯で二度、モーツァルトの交響曲全集を録音したというのは、記憶違いだろう。ベルリンフィルで史上初めて(2番目か?ラインスドルフ盤もあり?)全曲録音を果たしたあと、晩年にヴィーンフィルと後期の数曲と29番イ長調あたりを録音しただけだった。

カール・ベームは10歳の年下である。慎ましい生活ぶり、誇張しない指揮、解釈の一貫性がベームの名声を高くした。モーツァルトの交響曲を2度にわたって全曲録音をはたしたのは、いまなおベームしかいない。

松岡正剛氏の簡単な紹介

|

« 山下洋輔を見直す | トップページ | 恐竜の進化形が鳥類だという学説 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。
松岡正剛 千夜千冊の「グレン・グールド」の記事拝見しました。グールドの写真が多く楽しめます。若いころはいい男だったんですね。
そして、グールドのいわゆる奇行についての解釈は読ませますね。
グールドの2枚組CDの『images』もお奨めです。
『中年会社員の観察日記』作者

投稿: sakaiy22 | 2005年2月 4日 (金) 00:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/2767838

この記事へのトラックバック一覧です: 松岡正剛 千夜千冊:

» 『バリー・リンドン』(スタンリー・キューブリック) [0 1/2 ]
Barry Lyndon     『バリー・リンドン』   TOP [続きを読む]

受信: 2005年2月20日 (日) 20:58

« 山下洋輔を見直す | トップページ | 恐竜の進化形が鳥類だという学説 »