« 若杉弘 と ドレスデン・シュターツカペレ | トップページ | チャイコフスキー 交響曲第7番「人生」 »

2005年2月 7日 (月)

サッカー ドイツワールドカップ アジア最終予選 と 日朝関係 

2/9(水) 埼玉スタジアムで 日本対北朝鮮との間で、アジア最終予選の第一戦が行なわれる。

最近の国際試合では、唯一ドイツに負けているだけで好調な日本代表が、かつて1966年に唯一回出場しなんと奇跡の8強入りを果たしたことのある北朝鮮と対戦する。

昨今の北朝鮮を巡る国際情勢は緊迫の度を加え、日朝関係も、北朝鮮による拉致問題の長期化、未解決のミサイル、核問題により、非常に悪化している。また、北朝鮮による対日観も、「アジアの諸国民は、靖国神社は爆破されてもいいと思っている」というような間接的な言い回しながら、当局直属の新聞が社説を掲げるなど、挑発的な論調になっている。

サッカーの国際試合は、国対国の代理戦争と呼ばれることがあるほどのゲームであるので、このような外交上の不穏な雰囲気の中でのゲームは、結果はもちろんのこと、観客やサポーターの動向が非常に気になる。

昨夜のフジテレビ ETVは、フジにしては意外にもこの北朝鮮問題について、リベラルな論調で報道していた。日本生まれ、日本育ちで、Jリーグで活躍している北朝鮮国籍のサッカー選手2名が、北朝鮮代表に選ばれ、レギュラーとして日本代表として戦うことになった前後のことを取材したものだった。非常に中立的な報道だった。北朝鮮への敵愾心をマスコミ報道によって煽り立てるのは得策ではないとする当局の指導でもあったのだろうか?

なお、昨年、北朝鮮は、女子チームがアジア王者として君臨していたが、アテネオリンピックアジア予選で日本での日本戦にまさかの完敗を喫し、オリンピックへの出場権を逃しているので、今回の日本戦への気合の入れ方は尋常ではないだろう。

ベールに包まれた北朝鮮チームだが、それに対する日本チームは、昨年来の国内組を中心にしたチームが好調のため、ケガで不調な中田、小野はもちろん、稲本も代表から外し、好調な高原、中村も先発から外すという意向をジーコ監督が表明したという。これが吉と出るか凶と出るか。あの中国でのアジアカップも、その後のW杯一次予選を含めたいくつかの国際戦も、今回のガチガチ度とはその度合いが違うように想像する。その中で、同じような切羽つまった中でやってきた経験豊富な選手、特に中田を起用できないのは、心配だ。

昨日の専門家、金子達仁氏の言うように、間違いなく日本の勝ちでしょう、という予言が現実になるのを願いたい。

|

« 若杉弘 と ドレスデン・シュターツカペレ | トップページ | チャイコフスキー 交響曲第7番「人生」 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/2834751

この記事へのトラックバック一覧です: サッカー ドイツワールドカップ アジア最終予選 と 日朝関係 :

« 若杉弘 と ドレスデン・シュターツカペレ | トップページ | チャイコフスキー 交響曲第7番「人生」 »