« 春の陽気に誘われて | トップページ | 上海での反日デモ »

2005年4月18日 (月)

ガーディナーの「メサイア」を聴く

gardiner_messiahメサイア初演は、4月13日だったが、自分で記事を書いておいてうっかり忘れていた。現代ではクリスマスの12月に演奏されることの多い「メサイア」だが、ダブリン初演の1742年4月13日のあとのロンドン再演は3月に行われた。これは、受難節および復活祭の時期にあたるのだという。

その記念すべき4月13日にはこの曲を聞き逃したが(その日出張帰りにあるCD店を覗いたらピノック指揮のヘンデルが目についた)、今夜ガーディナー指揮イングリッシュ・バロック・ソロイスツ、モンテヴェルディ合唱団によるCDの録音(1982年)を通して聴いている。

只今、第22曲の And with His stripes we are healed. を聴いているが、モーツァルトのレクィエムのキリエのフーガにそっくりなのをいまさらながら気がついた。

メサイアとモーツァルトで検索したらこれに関するコメントあり。

|

« 春の陽気に誘われて | トップページ | 上海での反日デモ »

ディスク音楽07 宗教曲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/3758251

この記事へのトラックバック一覧です: ガーディナーの「メサイア」を聴く:

« 春の陽気に誘われて | トップページ | 上海での反日デモ »