« ギャラリーフェイク完結 | トップページ | 一夜城と地球博物館 »

2005年5月 3日 (火)

世界で?最も美しい50人 2005

ヤフーを見ていたら、「世界で最も美しい50人」が発表! という記事が目に入った。「世界で?」と思い、元記事を読んで見た。USAのPEOPLEという雑誌の恒例の特集なのだという。リストアップされたのはこの50人

ざっと読んでみたが、IN THE WORLD だとか GLOBAL だとかいう言葉は使われていないようだった。「世界で」というのは、どうやらヤフーニュースの解釈による意訳のようだ。

ただ、ヤフーの記事にもあるようにスポーツ界では英国籍のベッカムやロシア国籍のシャラポワなどがリストアップされており、いわゆる欧米人的な「世界」で選考されたようだ。欧米ゆえに、黒人系の俳優なども選ばれているが、東洋系はリストアップされていないようだ。

USAは、自国内のプロ野球の選手権を、ワールドシリーズなどと名づけるなど非常に臆面のないというか、厚顔無恥というか、鼻持ちならないというか、あちらの言葉で arrogant な国民性を持っているので、今回のもそうかと勘繰ったのだが、その辺はどうやらごまかしているようだ。

その点で、 アジアンビューティー を積極的にアピールしている花王のアジエンスのCMは、PEOPLEのような西洋一辺倒へのしっぺいがえしかも知れない。

参考:ASIENCE:あのCMが現実のものに!

まあ、「旧人」(ホモ‐サピエンス‐ネアンデルターレンシス,ネアンデルタール人)を滅ぼした「新人」(ホモ‐サピエンス‐サピエンス)の子孫たちが生物史的に非常に短い期間通用する「美的基準」で争っても仕方がないのだが。これも竹内久美子氏などに言わせると、セルフィッシュ・ジーンの戦略なのかも知れない。

|

« ギャラリーフェイク完結 | トップページ | 一夜城と地球博物館 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/3962804

この記事へのトラックバック一覧です: 世界で?最も美しい50人 2005:

« ギャラリーフェイク完結 | トップページ | 一夜城と地球博物館 »