« 開港記念日 | トップページ | 蛍が見られる頃 »

2005年6月 2日 (木)

100円ショップの民芸品

近所の100円ショップで探しものをしていたら、それまで気が付かなかった民芸品風のコーナーを見つけた。観光地の土産物屋で一時期よく見かけた飾りの御用提灯などの装飾品、団扇や扇子などの実用品、ビー玉、おはじき、竹とんぼ、竹の水鉄砲、独楽、ヨーヨーなどの竹製、木製玩具がオール100円(税別)で売られている。コーナー名としては「和風」となっている。

しかし、このような品物は、材料費、人件費だけでも日本国内での製造では100円では商売にならないだろうと思う。おそらく中国から東南アジア諸国での生産品だろう。扇子と提灯を買ってみたが、それなりの出来で、品質も悪くない。観光地の民芸品店で買えば、3倍から5倍くらいの値段で売られるのではなかろうか。

「和の伝統品」が、このような形で継続されるのは気分的に複雑だ。

|

« 開港記念日 | トップページ | 蛍が見られる頃 »

生活・レジャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/4377047

この記事へのトラックバック一覧です: 100円ショップの民芸品:

« 開港記念日 | トップページ | 蛍が見られる頃 »