« FOMA F700iを使いこなす その4 セキュリティ | トップページ | 7月の音楽史カレンダー »

2005年7月 7日 (木)

FOMA F700iを使いこなす その5 PIM(Personal Information Manager)として

巷でシャープのザウルスなどのPDA(Personal Digital Assistant)を見かけることが少なくなった。携帯電話がその代替機能を充実させてきたからだろうか?

しかし、電話帳、メール帳、住所録としては使えるが、登録が面倒。PC側で携帯電話データ管理ソフトを使い作成、管理して、USB接続すれば簡単というが。

Microsoftのスケジュール管理ソフト Outlook との連携機能がある。以前 会社でも Outlook を使用していたのだが、不具合があり使用をやめてしまったので、宝の持ち腐れになりそうだ。個人レベルのスケジュールを管理するのはやはり手帳が便利。

時計、カレンダーや目覚まし時計としては使える。また、互いに赤外線送受信のついた装置同士ではデータ交換が比較的容易に行なえるので、家族や仲間の予定で共有したいものを交換するのには使えそうだ。

参考:7月1日にビジネスユーザー向けとして米国モトローラ製のFOMA M1000 がデビューした。モトローラのA1000という既存端末がベースだという。近所のドコモショップでモック品を触ってみたが、結構重く大きい。これは、PDAに携帯電話機能がついたようなもの。ただし、仕様の問題か、コンセプトか iモード対応をしていないのだという。http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0504/14/news096.html これまでiモードを使っていた人が乗り換えるにはどうもここがネックになるのではないか?ただし、無線LAN対応で、フルブラウザを備え、Oracleデータベースソフトが使え、海外でもそのまま使えるという。5万円程度するらしいが、非常に人気があり、在庫切れ店が続出しているという。意外だ。

|

« FOMA F700iを使いこなす その4 セキュリティ | トップページ | 7月の音楽史カレンダー »

テクノロジー」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

生活・レジャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/4866670

この記事へのトラックバック一覧です: FOMA F700iを使いこなす その5 PIM(Personal Information Manager)として:

« FOMA F700iを使いこなす その4 セキュリティ | トップページ | 7月の音楽史カレンダー »