« トスカニーニのモーツァルト 交響曲第39、40、41番 | トップページ | F700i 時期遅れレビュー 「CDのデータをケータイに入れて楽しむ」 »

2005年10月12日 (水)

ヴォーン=ウィリアムズの誕生日に「グリーン・スリーヴズによる幻想曲」を聴く

marriner 10/9/1835 サン=サーンス(Saint-Saens.Charles Camille) 誕生
10/10/1813 イタリアの作曲家ヴェルディ(Verdi.Giuseppe Foutunio Francesco)誕生
10/11/1896 ブルックナー(Bruckner.Joseph Anton)没72歳(誕生:1824/09/04)オーストリアの作曲家

と三日続きで大音楽家の記念日が連続したが、今日は一般的にはあまり知られてない(中学高校の音楽の教科書には登場しない)ヴォーン=ウィリアムズの誕生日だという。(10/12/1872 ヴォーン・ウィリアムズ(Vaughan Williams.Ralph) 誕生 作曲家「海の交響曲」を作曲した)

この作曲家は、上記の「海の交響曲」のほかにも「南極交響曲」などでも知られており、母国イギリスでは盛んに演奏、録音されているようだが、これまで縁があまりなくまともに聴いたことのない人だ。

たた、この「グリーン・スリーヴズによる幻想曲」は、エリザベス一世時代(というと、シェークスピアの活躍した時代でもあるが)の有名な民謡 "Green sleeves" (「緑の袖」)をそのままテーマとしたオーケストラ曲で、そのテーマ自体の美しさもあって人気曲になっている。先日アップしたホームミュージック集(「花のワルツ」)にも、マリナー/ASMF(アカデミー室内管弦楽団)の1970年代の録音が聞けるし、この写真のCDにも1980年代の同じコンビによる録音が収められている。

「緑の袖」の歌詞は、16世紀エリザベス朝の恋歌。シェークスピアもこのメロディーを耳にしたことがあったかも知れない。

ヴォーン=ウィリアムズのこの曲は、彼の歌劇「恋するジョン」の間奏曲として作曲されたものだと解説にはあった。編曲(オーケストレーション)は、非常に慎ましやかで、美しい。

なお、このCDはおそらく「アダージョ・カラヤン」や「グレゴリアン・チャント」のヒーリングブームに影響された企画だと思うが、マリナーらしく中庸で上品な演奏が楽しめるもの。

|

« トスカニーニのモーツァルト 交響曲第39、40、41番 | トップページ | F700i 時期遅れレビュー 「CDのデータをケータイに入れて楽しむ」 »

ディスク音楽01 オーケストラ 」カテゴリの記事

コメント

TB有り難うございました。
1988年初出の「ノスタルジック・コンサート」に何曲か加えて、今はマリナー/アカデミー室内管のオムニバス盤として発売されているようですね。ネットで検索しましたら、望さんがあげていらっしゃるこのCDがヒットしました。
こういう小品を振らせたら、マリナーは巧いなと思います。と言うより、こういう作品群にマリナーの本領があったのかなとも思います。
繊細で美しい、爽やかな演奏でした。
有り難うございました。

投稿: mozart1889 | 2006年3月29日 (水) 10:54

mozart1889さん、こちらにもコメントいただき恐縮です。

オリジナル盤は1988年初出とのこと。やはり、アダージョ・カラヤンのより前ですね。

このマリナー盤は、日本では「バーバーのアダージョ」という名前で発売されたものです。表題の他、ラフマニノフの「ヴォカリーズ」など少々淡白で品のよい音楽が聴くことができ、愛聴しております。

投稿: 望 岳人 | 2006年3月30日 (木) 18:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/6372188

この記事へのトラックバック一覧です: ヴォーン=ウィリアムズの誕生日に「グリーン・スリーヴズによる幻想曲」を聴く:

» ディーリアス「春初めてのカッコウを聞いて」 マリナー/アカデミー室内管 [クラシック音楽のひとりごと]
この春初めての鶯を聞きました。 気温も上昇してきて、早朝のジョギングには実に気持ちいい季節になりました。 ランニング・ジャケットもベストも着ずに、もう長袖Tシャツ一枚で十分ですな。 肌寒く感じるのは、走り始めの5分くらい。それを過ぎるともうポカポカ、30分のジョグでかなり汗をかきます。 いつものコース、西条ひうち球場の桜はまだですが、今日は鶯が啼いておりました。 いい鳴き声。思わず振り返って姿を見つけようとしましたが、鳴き声が聞こえるだけ。 でもエエ気分でした。 着実に春は来てます。 そこで、... [続きを読む]

受信: 2006年3月29日 (水) 10:56

« トスカニーニのモーツァルト 交響曲第39、40、41番 | トップページ | F700i 時期遅れレビュー 「CDのデータをケータイに入れて楽しむ」 »