« 無料ココログ開始 | トップページ | 12月の音楽史カレンダー »

2005年11月28日 (月)

「フィガロの結婚」ベーム(1956)

figaro_boem_vso 1956年4月16日から22日 ヴィーン ブラームスザールでの録音。

指揮:カール・ベーム、管弦楽:ヴィーン交響楽団、合唱:ヴィーンシュターツオーパー合唱団、チェンバロ:ピルス

アルマヴィーヴァ伯爵:シェフラー、伯爵夫人:ユリナッチ、ケルビーノ:ルートヴィヒ、フィガロ:ベリー、スザンナ:シュトライヒ、マルチェリーナ:マラニウク、バルトロ:チェルヴェンカ、バジリオ:マイクト、ドン・クルツィオ:ディッキー、アントニオ:デンス、バルバリーナ:シュヴァイガー、村の娘:マイクル、フラス

モノーラル録音。1956年のモーツァルト生誕200年を記念して録音されたもの。当時のヴィーンシュターツオーパーの名歌手たちを起用。

このCDは、小学館モーツァルト全集の全巻予約の景品として入手したもので、入手困難かと思っていたが、オランダ・フィリップス盤で入手可能なようだ。

ヴィーンフィル(シュターツオーパー管弦楽団)が起用されていないのは、当時ヴィーンフィルがデッカと契約をしていたためだという。この前年、1955年にエーリヒ・クライバーの指揮で、ヴィーンフィルがデッカに「フィガロの結婚」を録音している。こちらは、ステレオ録音。LP時代に入手して、幾度となく聞いた。ギューデンが伯爵夫人、デラ・カーザがスザンナ、ダンコがケルビーノ、シエピが伯爵で、ベルがフィガロという配役。

CDでは、ベームとベルリン・ドイツ・オペラ ヤノヴィッツ、マティス、トロヤノス、ディースカウ、プライ(1968年)。ワルターのザルツブルクライブ(1937年)。DVDでは、ベームとVPO、ポネル演出の楽しい舞台が見られる。歌手は、テ・カナワ、フレーニ、ユーイング、そして68年でも活躍のディースカウとプライ。

|

« 無料ココログ開始 | トップページ | 12月の音楽史カレンダー »

ディスク音楽06 オペラ」カテゴリの記事

コメント

望さん、TBを有り難うございました。
ベームのフィガロは格調高い正統派のモーツァルトだと思います。
いつ聴いても素晴らしい。
ああ、これぞモーツァルト、と思うんです。

投稿: mozart1889 | 2006年6月10日 (土) 05:21

mozart1889さん、こんにちは。こちらにもコメントありがとうございます。ベームは、ヨーロッパでも日本でも忘れられつつあると言いますが、「コジ・ファン・トゥッテ」にしても「フィガロ」にしてもモーツァルトのオペラでは、その名は不滅のように思います。

投稿: 望 岳人 | 2006年6月11日 (日) 10:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/7367173

この記事へのトラックバック一覧です: 「フィガロの結婚」ベーム(1956):

» モーツァルト「フィガロの結婚」 ベーム指揮ベーム&ベルリン・ドイツ・オペラ管 [クラシック音楽のひとりごと]
オペラはふだん聴くにはさすがに長尺。時間があるときにゆっくり聴きたいものだ・・・・と云いつつ、そうは時間がない。 今日はモーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」。 途中まで聴こうと思っていたら、とうとう最後まで聴いてしまった。やはり「フィガロ」は楽しい。 今日のCDは、演奏も良かった。とても良かった。 (とうより、これは昔からの定盤・名盤か) カール・ベーム指揮ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団&合唱団の演奏。 1968年3月、ベルリンのイエス・キリスト教会での録音。DG原盤。 歌手はそうそうたる... [続きを読む]

受信: 2006年6月10日 (土) 05:17

« 無料ココログ開始 | トップページ | 12月の音楽史カレンダー »