« 1月の音楽史カレンダー | トップページ | モーツァルトとアインシュタイン »

2006年1月19日 (木)

のだめカンタービレ第14巻

2006/1/16のだめカンタービレ第14巻を購入。「のだめ」の活躍が再び始まったのが自分的には効いて、第13巻に比べたら結構面白かった。のだめはどんなピアニストになるのだろう。相変わらずテクニックは凄く、ロマン派張りの編曲癖はあるようだが。

|

« 1月の音楽史カレンダー | トップページ | モーツァルトとアインシュタイン »

漫画「のだめカンタービレ」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/8235222

この記事へのトラックバック一覧です: のだめカンタービレ第14巻:

» 「のだめカンタービレ 14 」限定版 [仙丈亭日乘]
のだめカンタービレ 14 限定版講談社このアイテムの詳細を見る 待ちに待つた14卷が、けふやうやく屆いた。 發賣は13日だつた筈なのだが、配送の關係でけふになつたのだらう。 嫁はんがネットで豫約してゐた限定版。 別册でマングースの表紙の栞ファイル(Bookmark Collection File)が附いてゐて、その中に栞が5つも! パリの連中が5人。 フランク、ターニャ、ユンロン、ロラン、リュカ。 この中では、やはりリ�... [続きを読む]

受信: 2006年1月21日 (土) 01:27

« 1月の音楽史カレンダー | トップページ | モーツァルトとアインシュタイン »