« ショパン マズルカ集 フー・ツォン | トップページ | 天満敦子 望郷のバラード »

2006年2月21日 (火)

ショスタコーヴィチ ピアノ協奏曲第1番、他 ルディ、M.ヤンソンス/BPO

shostakovich_pc12_s1jansons◎ショスタコーヴィチ 
ピアノとトランペット、弦楽合奏のための協奏曲(ピアノ協奏曲第1番)Op.35 1994年録音
ピアノ協奏曲第2番ヘ長調Op.120 1997年録音
交響曲第1番Op.10 1994年録音

ミハイル・ルディ(ピアノ)、アントンセン(トランペット)、マリス・ヤンソンス/BPO,LPO(ピアノ協奏曲第2番)

ディズニーの名作アニメーション、「ファンタジア」の後を襲うものとして「ファンタジア2000」が制作されたが、前作ほどの評判を呼ばなかったようだ。オーケストラは、シカゴ交響楽団、指揮者はジェイムズ・レヴァイン。ピアノでは、イエフィム・ブロンフマン(ラプソディー・イン・ブルー)などが参加し、音響もすばらしく、アニメーションも質が高いのだが、二番煎じの故だろうか?

中では、「ラプソディー・イン・ブルー」が面白く、またアンデルセンの「錫の兵隊」が傑作だと思う。後者に用いられたのが、ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第2番の第1楽章。ファンタジア2000でこの曲に親しんだ子どもたちがその演奏をCDで聞いてみたいというリクエストがあり、いくつかあったCDの中からこれを購入した。EMIのENCOREという廉価盤だが、マリス・ヤンソンスとベルリンフィルによるショスタコーヴィチの第1交響曲までが聴けるというおまけもついているお徳用盤だ。ピアノとトランペット、弦楽合奏のための協奏曲も、ユニークな編成でショスタコーヴィチらしい不気味な哄笑も聞ける。

なお、ピアノ協奏曲第2番は、ショスタコーヴィチの息子、マキシムのために作曲されたもの。

参照:2004年9月5日の自分の記事。

|

« ショパン マズルカ集 フー・ツォン | トップページ | 天満敦子 望郷のバラード »

ディスク音楽01 オーケストラ 」カテゴリの記事

ディスク音楽02 協奏曲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/8772975

この記事へのトラックバック一覧です: ショスタコーヴィチ ピアノ協奏曲第1番、他 ルディ、M.ヤンソンス/BPO:

« ショパン マズルカ集 フー・ツォン | トップページ | 天満敦子 望郷のバラード »