« バルトーク 生誕125年、ドビュッシー没後88年 | トップページ | 横浜「丘の手」!?  ドビュッシーのソナタ集 »

2006年3月26日 (日)

ベートーヴェンの命日に聞く C.クライバー/バイエルン国立管弦楽団による ベートーヴェン交響曲第4番

kleiber_s


同じORFEOのライブ録音で、カルロス・クライバー指揮バイエルン・シュターツ・オルケスター(バイエルン国立管弦楽団、バイエルンの場合にはドレスデンやベルリンのようにシュターツカペレを名乗らないらしい)のこの演奏会での第7番が発売され話題になっているようだ。ネットでレビューを読むと、VPOとのスタジオ録音盤に輪をかけた猛烈な演奏らしい。(このライブ録音は1982年5月2、3日に行われたカール・ベーム追悼演奏会のものだという)

カルロス・クライバーは生前この7番の録音の発売を許可しなかったようなのだが、4番の方は例のVPOの5番、7番に続いて発売されたもので、ライヴ録音の発売を許可するということは彼にとっても会心の出来だったのだろう。「英雄」と「運命」に挟まれたシューマンによる「ギリシャの乙女」というレッテルをはがして、曲の通念を変えてしまったものすごい演奏の記録だと思う。

今日は、ベートーヴェンの命日。ベートーヴェンもこのような演奏をされればうれしいことだろう。

|

« バルトーク 生誕125年、ドビュッシー没後88年 | トップページ | 横浜「丘の手」!?  ドビュッシーのソナタ集 »

ディスク音楽01 オーケストラ 」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

望さま こんばんは
私もこの演奏は、好きです。いつもクライバー氏の演奏を聴くと、暫らく同曲の他の演奏が聴けなくなる気がしてます。
 余りに刺激が強くて、他の演奏を聴いていても、ついついクライバー氏と比較してしまう。これではダメだと、暫らく封印してました。
 その為、まだ新譜の7番には手を出してません。購入したら我慢ならず、開封するくらいなら店頭でもジャケットすら触って下りません。
 望さまも、7番はまだ聴いてないようですね。もし購入されたら、是非記事に。お話を拝見するのを、楽しみに待ってます。

投稿: みー太 | 2006年3月26日 (日) 19:41

みー太さん コメントありがとうございます。

カルロス・クライバーが生前許可を出さなかったというので、少々躊躇をしてしまうのですが、同じ演奏会の7番は一度は耳にしてみたいですね。

以前はFM放送を聞いていたので、こういう話題盤は割とすぐに耳にできたのですが、最近はFMも聞かないので、買わなければ聞けないのがつらいです。

投稿: 望 岳人 | 2006年3月27日 (月) 19:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/8957755

この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェンの命日に聞く C.クライバー/バイエルン国立管弦楽団による ベートーヴェン交響曲第4番:

» 「ここでカルロス火を吹いた!」 カルロス・クライバーのべートーヴェン 交響曲第4番 [クラシック音楽のひとりごと]
久しぶりにLPを取り出して聴いてます。 今も大事にLPを残しているんですが、タスキを眺めているとなかなか面白いですな。 CDのタスキは邪魔くさいので捨ててしまいますが、LPのはそのまんまにしてあります。(LPのは、逆にはずす方が面倒くさいので・・・・・・(^^ゞ) 今日聴いているのはベートーヴェンの交響曲第4番。 カルロス・クライバー指揮バイエルン国立管弦楽団の演奏。 1982年5月、カール・ベームの追悼コンサートのライヴ録音。 オルフェオ原盤のLPだが、国内ではフィリップスが発売し... [続きを読む]

受信: 2006年8月23日 (水) 04:22

« バルトーク 生誕125年、ドビュッシー没後88年 | トップページ | 横浜「丘の手」!?  ドビュッシーのソナタ集 »