« asahi.com : be between の アンケート クラシック音楽について | トップページ | 映画ドラえもん のび太の恐竜2006 »

2006年3月11日 (土)

村上春樹「海辺のカフカ」とシューベルトのニ長調ソナタ

しばらく前に話題になった「海辺のカフカ」という小説を読んでみた。作者は、村上春樹。彼の小説は、20年ほど前だったか「ノルウェイの森」がやはり話題になった頃に数編読んでみたことがあった。それらは当時の私の趣味には合わず、それ以来手に取ることはなかった。ただ、彼の「アンダーグラウンド」やこの小説が世間で話題になっていることは知っており、気にはなっていた。

先日、丸谷才一・永川玲二・高松雄一訳のジェイムズ・ジョイス「ユリシーズ」(三分冊のうちの)Ⅰを入手し、ダブリン空港の書店で、ディレッタントを気取って、分厚いペーパーバックの James Joyce "Ulysses"を購入して以来おそらく初めてその内容に触れることを始めた。「ダブリン市民」「若い芸術家の肖像」は文庫本で入手して読めたのだが、大作の「ユリシーズ」と「フィネガンズ・ウェイク」はこれからだ。この集英社の「ユリシーズ」には、下段に注釈が施されているほど親切なのだが、内容はさすがに手ごわい。(以前、ブルームズデイのことを記事にしたことがあったが、この作品のファンはいったいどこまで読み込んでいるのだろうか?)

そんなおり、以前から気にはなっていた「海辺のカフカ」を見かけ、古典だけではなく、現代小説もたまにはいいかと買って読んで見た。そして今日ようやく読み終えた。作品そのものは、これまで読んでことのある村上春樹作品の中で自分にもっともしっくり来るものだった。

ところで、上巻のP.189からP.194のドライブミュージックのエピソードで、「シューベルトのピアノ・ソナタ ニ長調」の作品論が繰り広げられていたのには驚いた。もちろんこのところ自分が、シューベルト付いているからだ。

しかし、曲についてはすぐにピンとは来なかった。シューベルトの番号付のピアノソナタは21曲あるようだが、ニ長調のものは、

ピアノ・ソナタ第17番ニ長調D.850,Op.53(1825)[4楽章]

だけだ。

「フランツ・シューベルトのピアノ・ソナタを完璧に演奏することは、世界でいちばんむずかしい作業のひとつだからさ。とくにこのニ長調のソナタはそうだ。とびっきりの難物なんだ。・・・ 統一性ということを念頭に置いて聴いてみると、僕の知るかぎり、満足のいく演奏はひとつとしてない。これまで様々な名ピアニストがこの曲に挑んだけれど、そのどれもが目に見える欠陥を持っている。・・・」 「曲そのものが不完全だからだ。ロベルト・シューマンはシューベルトのピアノ音楽の良き理解者だったけど、それでもこの曲を『天国的に冗長』と評した」(P.190)

「一般的にいえば、演奏としてもっともよくまとまっているのは、たぶんブレンデルとアシュケナージだろう。でも僕は正直なところ彼らの演奏を、個人的にはあまり愛好しない。・・・」 「シューベルトは訓練によって理解できる音楽なんだ。・・・」(P.193)

最近シュナーベルの録音を聞いたばかりだった。ほとんど記憶に残っていなかったので、聞きなおしてみた。なるほど、結構風変わりな作品ではある。ただ、このソナタだけが不完全な曲だろうか?不完全さというなら、シューベルトの作品の場合、その仕上げや推敲の点では多くがトルソ的な素朴な風合いを感じさせるので、これを取り立てて特別視するのが適切なのかよく分からない。

ちなみに シュナーベルのピアノだと、第1楽章 Allegro vivace 8:21, 第2楽章 Con moto 13:16, 第3楽章 Scherzo(Allegro vivace) 7:57, 第4楽章 Rondo(Allegro moderato) 7:38 というタイミングになる。

また、シューマンが「天国的な長さ(天上的な長さ)」と評したのは、彼がその未発表のシューベルトの自筆稿を発見して、それを自分の音楽評論誌に発表する際に昨日の記事で書いた「交響曲ハ長調(現行番号第8番、過去には7番とも9番とも呼ばれた、通称ザ・グレート)に対して用いた評言ではなかったろうか?ちょっとネットをあたってみたのだが、このソナタに対してのものは見つからなかった。(吉田秀和訳・編の岩波文庫シューマン「音楽と音楽家」や、音楽解説全集などに当たってみれば出ているかも知れない)。

なお、交響曲ハ長調(現行番号第8番、過去には7番とも9番とも呼ばれた、通称ザ・グレート) について、GOOGLEで興味深い論考を発見した。 シューベルトの「大ハ長調交響曲」と“歓喜の主題”

これは、「ようこそシューベルトのページへ!」に含まれている。

p.s. 「海辺のカフカ」にはこのシューベルトのソナタのほかに、ロックやジャズの曲名もいくつか使われている。また、ベートーヴェンの生涯への言及がまとめてあり、超有名曲のベートーヴェンの「大公」トリオは、やはり先日記した「百万ドル」トリオの録音への絶賛(第34章)のほかに、私がLPで持っているスーク・トリオオイストラフトリオの録音も取り上げられていた。

|

« asahi.com : be between の アンケート クラシック音楽について | トップページ | 映画ドラえもん のび太の恐竜2006 »

ディスク音楽04 独奏」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

「天国的な長さ」'himmlischen Längen'については以下のリンクの冒頭で態々auf die große C-dur-Symphonieとベックメッサー氏こと評論家賞の審査員Max Nyffeler氏が交響曲に掛かる事を断わっています。

http://www.beckmesser.de/themen/schubert.html

しかし、「もはや思い出す事の出来ない一つの世界へ」云々のオリジナルも出所もネットでは見付かりませんでした。

ピアノ曲にこの言葉を使うのは常套の批評ですから恐らく参考にした英文のオリジナル批評が存在するのでしょう。

但し、「冗長」となっているのがポイントで、否定的ですから明らかにこれは特別です。ここが否定ならばオリジナルのシューマンとは明らかに異なっています。些か伝言ゲームのようですが、作者はここで「話し手のスノビズム」を強調しているのでしょうか?

投稿: pfaelzerwein | 2006年3月11日 (土) 23:48

やはり、「天国的な長さ」は大ハ長調の交響曲の枕詞ですよね。「そこには果てしのない長さという一種の倦怠感のニュアンスが含まれている」とは吉田秀和「私の好きな曲」にありますが、「海辺のカフカ」の「冗長」にはおっしゃるとおり、作者の意見とも、登場人物の感想も含まれているのかも知れません。なお、村上春樹は、このニ長調ソナタについて自分の音楽評論集で詳しく語っているそうなので、興味がわきました。

投稿: 望 岳人 | 2006年3月12日 (日) 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/9021253

この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹「海辺のカフカ」とシューベルトのニ長調ソナタ:

« asahi.com : be between の アンケート クラシック音楽について | トップページ | 映画ドラえもん のび太の恐竜2006 »