« さようなら交通博物館、「パリのアメリカ人」 | トップページ | R.ゼルキンで聴く シューマンのピアノ協奏曲 »

2006年4月25日 (火)

珍しいベートーヴェン 交響曲第2番のピアノ三重奏編曲版

Piano_triosinfonie_nr2triple_concerto_be

ベートーヴェン ピアノ、ヴァイオリン、チェロのための三重協奏曲 ハ長調 作品56<1991年ライヴ>
          ピアノ三重奏曲 ニ長調(原曲 交響曲第2番 ニ長調 作品36)<1992年>

ヴィーン・ベートーヴェン・トリオ
フィリップ・アントルモン指揮 ヴィーン室内管弦楽団

カメラータ・トウキョウ 25CM-252

なんだか面白そうな編曲なので聞いてみたくなり購入した。この編曲には、WoO番号もないようで、一説ではベートーヴェン自身の編曲ではないようだ。しかし、一聴してみてすごく面白かった。ヴァイオリンがもちろん第一ヴァイオリンの動きをなぞり、チェロは低弦(ベース)。そして、ピアノは内声部などを担当する。リスト編曲(カツァリスのピアノ)を聞いたことがあるが、さすがにアンサンブルだけあって、このピアノトリオ版の方がずっと自然な音楽になっている。もちろん、パート間のバランスが聞きなれている原曲とは異なる部分もあり、メロディーラインが迷子になるような瞬間もあるのも面白い。

この編曲は誰のものかは知らないが、結構達者なものだと、素人の耳にも聞こえる。ただ、このような編曲がもっとあってもいいとは思うのだが、意外にないようなのはあまり需要がなかったからなのだろうか?それはこの編曲に見られるように演奏技術的に難しいからということもあるように思う。

|

« さようなら交通博物館、「パリのアメリカ人」 | トップページ | R.ゼルキンで聴く シューマンのピアノ協奏曲 »

ディスク音楽01 オーケストラ 」カテゴリの記事

ディスク音楽03 アンサンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/9764030

この記事へのトラックバック一覧です: 珍しいベートーヴェン 交響曲第2番のピアノ三重奏編曲版:

« さようなら交通博物館、「パリのアメリカ人」 | トップページ | R.ゼルキンで聴く シューマンのピアノ協奏曲 »