« ドイツでのサッカーワールドカップが近づいているが | トップページ | マーラー 交響曲「大地の歌」 テンシュテット指揮 ロンドン・フィル »

2006年5月28日 (日)

マーラー 交響曲第9番 シノーポリ指揮 フィルハーモニア管弦楽団

Mahler_s9_sinopoliマーラー 交響曲第9番 ニ長調 
ジュゼッペ・シノーポリ指揮 フィルハーモニア管弦楽団
1993年12月 ロンドン オール・セインツ教会での録音

シノーポリが2001年に急逝した後に再発売された追悼盤。第10番は含まれていないようだが、「大地の歌」を含めたマーラーの交響曲が「シノーポリ名盤コレクション」として再発売されていたようだ。カンタータ「嘆きの歌」もこのコレクションには含まれている。なお、演奏時間82分20秒を一枚のCDに収録したものでCDプレーヤーによっては再生できないこともあるという。

シノーポリは、精神分析だとか脳外科だとか、音楽以外にそのような精神・頭脳に関係する学門を修めたという話がいつもつきまとった指揮者で、リハーサルのときにも実際に音楽を奏で具体的に指示するよりも、作品の構造、作曲家の意図、心理、深層心理、病歴などの「講義」が長かったほどだとも言われている。それにより非常に分析的な知性というイメージが強い。それに加えて、イタリア人として、イタリアオペラをも振る幅広さも持っていた(急逝は、「アイーダ」の公演中だったという)。

さて、シノーポリについてもあまり熱心な聴き手ではなく、この交響曲第9番についても、ジュリーニとシカゴのLPで本格的に聴き始めて以来それほど集中的に聴いたことはなく、少々敬遠している音楽なのだが、今日は久しぶりにスピーカーから音を出して聴いてみた。

シノーポリについては、前述のような先入観があるせいか、ついこのマーラーの完成した最後の交響曲をどのような解釈をして、どのように音楽的に実現しているのだろうか、という関心から聞くような態勢をとり勝ちなのだが、この演奏の録音が、これまで聴いてきたバーンスタイン/BPO,テンシュテット/LPOに比べて格段に整っていて明晰なため、つい音響的な面白さに聞きほれてしまいがちだった。演奏については自分の筆に余るが、鋭敏な表現でありながら練り上げた音響だったと感じた。

マーラーのこの第9交響曲は、交響曲「大地の歌」、先日聞いた未完の第10交響曲と並んで、三部作的に作曲されていたようだ。作曲当時、マーラーは、メトロポリタンオペラ、ニューヨークフィルの指揮者として大西洋航路により(ドヴォルザークのアメリカ赴任は1892年、チャイコフスキーのアメリカ訪問は1891年、例のタイタニック号の遭難は1912年)アメリカとヨーロッパを往復していたようで、この指揮活動のストレスは大変なものだったとのことだ。また妻アルマとの仲もうまくいっていなかったという。自分自身の死への恐怖を振り払うためか、第9交響曲であるべき「大地の歌」を番号なしとしているのだという。厭世的とも言われる音楽ではあるが、死への恐怖をこの作曲によって昇華しているのか、これらの音楽を聴いて、来世、彼岸を思うことはあっても、絶望、抑圧、苦悶など心のマイナス面へ引き込まれることはないように思う。


参考:タイミング
テンシュテット/ロンドン・フィル<1979年5月> 30'42" 16'20" 12'59" 25'29"
バーンスタイン/BPO<1979年10月ライヴ>   27'37" 15'59" 12'04" 26'12"
シノーポリ/PO<1993年12月>          28'09" 15'12" 13'16" 25'54"

ところで、ちょうど今晩のNHK教育夜9時から同じ組み合わせによる1987年来日公演で、まだ若々しいシノーポリが「復活」を指揮している模様が(惜しくも)第3楽章から放映されている。最近NHKもそのアーカイヴの公演のDVD販売を開始したようだ。著作権などの絡みもあるのだろうが、多くの収録が公開されることを望みたい。

------
金魚を今月になって2匹死なせてしまった。2匹とも不注意。1匹は慣れない環境なのに連休中面倒をみてやらなかった。もう1匹は、今朝。半年以上大切に飼ってきたのだが、うっかり昨日水替えを怠ってしまった。深く反省。

|

« ドイツでのサッカーワールドカップが近づいているが | トップページ | マーラー 交響曲「大地の歌」 テンシュテット指揮 ロンドン・フィル »

ディスク音楽01 オーケストラ 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/10280531

この記事へのトラックバック一覧です: マーラー 交響曲第9番 シノーポリ指揮 フィルハーモニア管弦楽団:

« ドイツでのサッカーワールドカップが近づいているが | トップページ | マーラー 交響曲「大地の歌」 テンシュテット指揮 ロンドン・フィル »