« 鶴見川流域センター | トップページ | 日本のうた 鮫島有美子 »

2006年5月 1日 (月)

隆 慶一郎「吉原御免状」「かくれさと苦界行」を読む

先日の「影武者 徳川家康」に続き、連作長編「吉原御免状」「かくれさと苦界行」を読んだ。これも非常に大胆な仮説を基にしたもので、内容的にもなかなかの問題作だと思う。特に、中世の自由民、その出自、徳川幕府による差別体制の固定化などなどの設定。家康影武者説は、この初期の長編に出現したもの。また二代将軍秀忠悪役説、裏柳生の暗躍のモチーフはこの初期長編に出現しており、これが後の長編に引き継がれているのが分かった。

ストーリーテリング的には、この作者の初期の長編だとは言え、息をつがさぬ面白さがある。あえて難を言えば、主人公があまりにも完全無欠過ぎることが次第に鼻についてくることくらいだろうか?

|

« 鶴見川流域センター | トップページ | 日本のうた 鮫島有美子 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/9814517

この記事へのトラックバック一覧です: 隆 慶一郎「吉原御免状」「かくれさと苦界行」を読む:

« 鶴見川流域センター | トップページ | 日本のうた 鮫島有美子 »