« WIKIPEDIAを読むだけでなく | トップページ | 百万ドルトリオ 「大公」、シューベルト第1番 »

2006年7月28日 (金)

ミシェル・ダルベルトのスーパーピアノレッスン

先日までミシェル・ベロフによるフランス近代ピアノ音楽のレッスンが放映されていたが、今度は8月から同じフランスのピアニスト ミシェル・ダルベルトによる ロマン派のピアノ曲のレッスンが始まる。

昨日書店でレッスン用の楽譜が販売されているのをみてパラパラ立ち読みしたところ、CDで愛好している曲が多く、非常に面白そうなので購入した。

シューベルトでは、即興曲から1曲 変ホ長調 D.899 第23連符が縦横無尽に活躍する曲。そして、最後のソナタ第21番 変ロ長調。この曲がこんな譜面づらだとは思わなかった。特に第一楽章の右手は和音の連続なのには驚いた。

リストでは、『愛の夢第3番』と あの難曲 ソナタ ロ短調! 単一楽章の「ソナタ」だが、そのユニークさは譜面からも感じられる。

最後にシューマンの『謝肉祭』。スフィンクスの楽譜はこうなっているのか!

CDとこの楽譜で相当楽しめそうだ。

|

« WIKIPEDIAを読むだけでなく | トップページ | 百万ドルトリオ 「大公」、シューベルト第1番 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/11129687

この記事へのトラックバック一覧です: ミシェル・ダルベルトのスーパーピアノレッスン:

« WIKIPEDIAを読むだけでなく | トップページ | 百万ドルトリオ 「大公」、シューベルト第1番 »