« パブリック・ドメインについての違和感 | トップページ | ミシェル・ダルベルトのスーパーピアノレッスン »

2006年7月27日 (木)

WIKIPEDIAを読むだけでなく

今朝の朝日新聞朝刊の第一面「ウェブが変える」という特集連載記事で、WIKIPEDIAのことが紹介されていた。

「無料百科事典」 「誰でも執筆」 「刻々改良」 「時に編集合戦」 「正確さ『互角』」(これは、アルキメデスの定理などについてのブリタニカとWikipedia を比較した結果)という見出しが見られ、ざっくりとした解説記事になっている。

第二面は、「書き込み自在共同編集の輪」 「誤用発見 すぐ修正」 「専門家も参加」 「広がる『助け合い』」 「Q&Aサイト活況」(これは「教えてgooの記事)という見出しがある。

実際私も最近になってから何度か編集を試みてみた。あの荒川静香の金メダルで話題になった「トゥーランドット」の項目が、金メダル獲得直後にあれほどタイムリーに詳しく解説されていた理由が分かった。実に簡単に編集ができるのだ。

自分の興味関心のある分野や身近な地域のことなどを調べると明らかな間違いや補足が必要な部分も意外に多いので、時間のあるときには、編集に加わっていきたいと思っている。

|

« パブリック・ドメインについての違和感 | トップページ | ミシェル・ダルベルトのスーパーピアノレッスン »

テクノロジー」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/11122689

この記事へのトラックバック一覧です: WIKIPEDIAを読むだけでなく:

« パブリック・ドメインについての違和感 | トップページ | ミシェル・ダルベルトのスーパーピアノレッスン »