« アニメ映画『ゲド戦記』を見てきて | トップページ | 東京国立科学博物館の南極展 »

2006年8月 5日 (土)

エリーザベト・シュヴァルツコプフ死去

うっかりしていて新聞記事を読んでおらず、いつも訪れているブログから教えてもらったのだが、エリーザベト・シュヴァルツコプフ(シュヴァルツコップフ、シュバルツコップ、シュワルツコップ Elisabeth Schwarzkopf)が8月3日に90歳で亡くなったという。確認したら8月4日付けの朝日新聞の夕刊の社会面の最下段に写真入りで掲載されていた。

逝去を悼みたい。

なお、Googleニュースで読めるのは、多くがウィーン発の共同通信記事で、その元はロイター電のようだ。

シュヴァルツコップフと言えば、一番親しいのが、フルトヴェングラー指揮バイロイト音楽祭オーケストラによるベートーヴェンの「第九」のソリストとしてだった。今聴いてもその歌唱は素晴らしいと思う。

オペラ歌手としての活躍はもちろん知ってはいるがが、残念ながらその録音には接したことはない。カラヤンの『薔薇の騎士』の元帥夫人や、ベームの『コジ・ファン・トゥッテ』での歌唱はいつか聞きたいものだと思っている。

ドイツ生まれのソプラノとして、ドイツ語と音楽との双方の面からそのドイツリートは素晴らしかったが、その中では、先日も記事にしたモーツァルトとのリート集が親しい。シューベルト、シューマン、ヴォルフ、R.シュトラウスなど彼女の名唱はいつまでも愛好され、語り継がれるものと思う。

リンク集:
Reuter電

Dame Elisabeth Schwarzkopf "The Times"

BiographyとBach関係のディスコグラフィー

|

« アニメ映画『ゲド戦記』を見てきて | トップページ | 東京国立科学博物館の南極展 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/11287977

この記事へのトラックバック一覧です: エリーザベト・シュヴァルツコプフ死去:

» シュワルツコップ追悼企画 R・シュトラウスの「四つの最後の歌」 [yurikamomeの『妄想的音楽鑑賞とお天気写真』]
 なんと、シュワルツコップが亡くなってしまっていた。Dr.円海山さんのブログで知った私はなんと情報に疎いというか。  ちょっと前までシュワルツコップの歌う「メリーウィドウ」の「ヴィリアの歌」をもう何度も聴きまくって惚れ惚れしていたのに。  あの妖艶でゴージャスな歌声はとっても魅力です。もちろん私は録音でしか聴いたことはないし、そのディスコグラフィを語れるほど精通しているわけではないのですが、やはり特別な思いを抱かないわけには行かないのです。  ということで、彼女がセルとともに録音したR・シュト... [続きを読む]

受信: 2006年8月 5日 (土) 23:59

» 眠りに就くとき [Wein, Weib und Gesang]
戦後ドイツのオペラ歌手を代表するエリザベート・シュヴァルツコップ女史が山岳観光で賑わうモンタフォン谷の拠点シュルンツで金曜日に亡くなった。90歳であった。そう言えばザルツブルク祝祭劇場で元気な姿を度々お見かけしてから大分経つ。 近年は、デヴュー当時のナチへの協力が明るみに出て悪いイメージが付きまとうようになっていたが、1971年にオペラから引退後も歌曲歌手として、また世界中からの生徒を集めるマスターコ�... [続きを読む]

受信: 2006年8月 7日 (月) 05:33

« アニメ映画『ゲド戦記』を見てきて | トップページ | 東京国立科学博物館の南極展 »