« シューマン 5つの民謡風の小品集 Op.102 | トップページ | ラモー クラヴサン名曲集 ヴェイロン=ラクロワ »

2006年10月 1日 (日)

モーツァルト 交響曲集 ベーム、アバド指揮のライヴ盤

Mozart_boem_abbado_live_recording_list モーツァルト 

交響曲第39番、第41番

ベーム/ベルリンフィル 1976/9/14ライヴ(ベルリン)

交響曲第35番 アバド/ヨーロッパ室内管 1987年ライヴ(ヴィーン、モノーラル)

交響曲第38番 アバド/RAIトリノ交響楽団 1965年ライヴ(トリノ、モノーラル)

ブックオフの出物で見かけて購入(ライブ・クラシック・ベスト100、LCB-103)。2枚組み。1枚目は、1960年代に交響曲全集を残したベーム/ベルリンフィルのライヴ録音とのこと。放送録音のエアチェックのCD化だろうか?テープの歪みなどで起こる微妙な音揺れなどが聞き取れる。音そのものには魅力がないが、音楽は楽しめるレベル。第39番は緊密なアンサンブルが聴かれるが、第41番は冒頭では合奏が乱れるように聞こえる。しかし聴き進むうちに音質への不満、わずかなキズは気にならなくなる。

1976年なので時期が違うとは思うが、ベームがこれに第40番を加えた後期3曲のコンサートを振り、それがFM放送で流されたことがあるような記憶がかすかにあるので、検索してみたら、Mozart con grazia のCDページCD.365-366)に当てはまるものがリストアップされていた。LCB-102の方に第40番も収録されているようだ。

もう一枚のアバド指揮のものは、1987年録音の『ハフナー』もなぜだかモノーラル収録になっているのは興醒めだ。音質も篭り気味でAM放送を聴いているよう。演奏自体は歯切れがよいもので好演だと思うのだが。1965年録音の『プラハ』と音質的には同じ程度。1965年のイタリアの放送オーケストラを振っているアバドの清新なモーツァルトは、なかなか聞かせる。その後のアバドの活躍も当然だと思わせるところがある。

|

« シューマン 5つの民謡風の小品集 Op.102 | トップページ | ラモー クラヴサン名曲集 ヴェイロン=ラクロワ »

ディスク音楽01 オーケストラ 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/12092247

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト 交響曲集 ベーム、アバド指揮のライヴ盤:

« シューマン 5つの民謡風の小品集 Op.102 | トップページ | ラモー クラヴサン名曲集 ヴェイロン=ラクロワ »