« ケンプの シューマン 『クライスレリアーナ』 | トップページ | ヴァーグナー 『マイスタージンガー前奏曲』 指揮:レーグナー »

2006年11月15日 (水)

J.S.バッハ カンタータ第147番『心と口と行いと生きざまは』

Jsbach_kantaten_nr147_80 J.S. Bach ヨハン・ゼバスティアン・バッハ

カンタータ第147番『心と口と行いと生きざまは』BWV147
(聖マリア御訪問の主日)
カール・リヒター指揮 アンスバッハ・バッハ週間管弦楽団
 ミュンヘン・バッハ合唱団 
  ブッケル(S), テッパー(A), ケステレン(T),エンゲン(B)
〔1961年7月 ハイルスブロン〕

バッハの全作品の中で最も親しいもの、といっても『主よ、人の望みの喜びよ』というニックネームで知られるこのカンタータの第1部と第2部のそれぞれの終曲のChoral コラールの音楽が特に、なのだが。そしてこの合唱曲は、合唱をやっていたときに是非歌いたかったものの一つだった。(しかし、それは未だ果たせていない夢だ。)

昨日、『クライスレリアーナ』を聴いたケンプによるピアノ編曲も美しく、その亜流的な初心者向けのピアノ独奏版をたまに爪弾くのだが、リトルネロというオブリガート的な三連符(8分の9拍子なのだが)と、それを支える低音とコラールの組み合わせがなんとも言えず美しい。

このリヒター盤は、樋口隆一氏の解説で、カンタータの詩の訳は杉山好氏と、アルヒーフレーベルではおなじみの面々の非常に詳しい解説がついているが、受胎告知をされた聖母マリアが従姉妹でそのとき洗礼者ヨハネを身に宿していたエリザベツを訪ねた日を記念する『聖マリア御訪問の主日』用に作曲されたものだという。

第一部の終曲(第6曲)は、ヤーンのコラール『イエスよ、我が魂の喜びよ』の第6節「幸いなるかな、我はイエスを得たり」を用いたもの、第2部の終曲(第10曲)は、同じコラールから第16(ないし17)節「イエスは変わりなき喜び」を歌詞としたもの。

全曲は、「希望」の感情を表現したとでも言えるもので、短調も陰りではなく、将来への展望が開けるような前向きの音楽になっている。

リヒターは、未だこの頃は、ミュンヘン・バッハ管弦楽団ではなく、Solistengemeinschaft der Bach-Woche Ansbach という恐らく臨時編成の音楽祭オーケストラを指揮している。これが母体となってミュンヘン・バッハ管弦楽団ができたのではなかろうか?

|

« ケンプの シューマン 『クライスレリアーナ』 | トップページ | ヴァーグナー 『マイスタージンガー前奏曲』 指揮:レーグナー »

ディスク音楽07 宗教曲」カテゴリの記事

コメント

これはいい曲ですよね。大好きです。
バッハのカンタータというか宗教曲はすべてが好きということではないのですが(眠くなるのです)、この曲はわりと気持ちよく聴ける好きな曲です。
こちらのほうでもTBさせてくださいね。

投稿: yurikamome122 | 2006年11月15日 (水) 22:00

yurikamome122さん、コメント、トラックバックありがとうございます。

この「主よ人の望みの喜びよ」は、この原曲で聞いても、ケンプなどのピアノ編曲などで聴いても、ジャック・ルーシェのジャズトリオで聴いてもいつでも感動してしまう曲です。特に原曲は、2回も聴けるのですからお得感でいっぱいです(^^♪

投稿: 望 岳人 | 2006年11月15日 (水) 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/12140618

この記事へのトラックバック一覧です: J.S.バッハ カンタータ第147番『心と口と行いと生きざまは』:

» J.S.バッハ作曲、カンタータ第147番「心と口と行いと生きざまをもて」 [yurikamomeの『祝.「鎌倉スイス日記」復活。ああよかった』]
 日本大学の文理学部で自然科学研究所と言うところがあるらしく、「地球環境と人間活動」というテーマで、いろいろな話が聞けます。  参加費が無料で面白い話が聞けそうなので行ってみることにしようと。よろしかったらどなたか如何?。  中身は、自然科学と偶然、世界の水はどう変わるか、生態系と人間、都市環境など。  私ゃ、こういう人生の蛇足が好きなんですよ。これで離婚したようなものなのに、懲りないヤツです。(言っておきますが、浮気などと言う高度なコミュニケーション能力の要する問題ではございません)  今... [続きを読む]

受信: 2006年11月15日 (水) 22:02

» 地域性・新教・通俗性 [Wein, Weib und Gesang]
バッハのクリスマスに纏わるカンタータの会がフランクフルトのパウルス教会であった。英国人の団体による演奏は、改めてバッハの真価を発見する契機であった。 単刀直入に云えば、そのようなバッハ解釈では三位は一体化しない。会場の多くの人が、技術は別とすると、バッハ演奏会会員の自らの方が遥かにその真価を良く知っていると思ったことだろう。 その団体と指揮者は、受難オラトリオなどで馴染みがあるが、比較的初期のバッハのカンタータか... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 22:33

« ケンプの シューマン 『クライスレリアーナ』 | トップページ | ヴァーグナー 『マイスタージンガー前奏曲』 指揮:レーグナー »