« 『天と地と』『武田信玄』『風林火山』 | トップページ | 久々の横浜動物園 ズーラシア »

2007年5月21日 (月)

非純正 プリンタ 詰め替えインク

もっとも廉価版の多機能プリンタを使いながら、さらにそのランニングコストを下げるべく、カートリッジへの詰め替えインクを購入して試してみたのは、この正月の年賀状からだった。hpのプリンタは、ヘッド付きインクカートリッジ方式なので、ヘッド部が故障しても取り替えれば済むのは優れているのだが、カートリッジが高価で結構ランニングコストが高いのが珠に瑕だった。

インクの補充は、最初は、少々面倒に感じるが、慣れると結構手際よくインクの補充ができるようになる。そして、印刷の色バランスなども2回目の詰め替え程度までは、オリジナルからあまり遜色ない発色で印刷できるようだし、プリンタ本体にもあまり悪い影響は今のところ見られない。

ただし、説明書の通り、3回以上詰め替えをすると、インクの色バランスが崩れてきてしまい、正常な色での印刷が段々とできなくなってしまうようだ。

最近は、周辺機器などもネットでPDFのマニュアルを参照するような方式が増えているので、つい紙に打ち出してゆっくり読みたい場合には、結構の枚数を印刷することになる。そのような場合には、色バランスが崩れてもかまわないので、もう使用限度が切れたカートリッジでも何とか使えるようだ。

メーカーでは回収したカートリッジをどのように再生させているのか知らないが、非純正詰め替えインクは、メーカー経営にとっては面白くない存在だろうが、ランニングコスト削減面、環境面ではそれなりに優れた製品だと思う。

日本メーカーなどでは、詰め替えメーカーとの間で訴訟も起きたようだが、メーカー側もシャンプーや食器洗い洗剤同様、詰め替え方式をもっと採用すべきではなかろうか。

|

« 『天と地と』『武田信玄』『風林火山』 | トップページ | 久々の横浜動物園 ズーラシア »

テクノロジー」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/15146817

この記事へのトラックバック一覧です: 非純正 プリンタ 詰め替えインク:

« 『天と地と』『武田信玄』『風林火山』 | トップページ | 久々の横浜動物園 ズーラシア »