« フランス新大統領の相撲発言への不快感 | トップページ | 箱根 星の王子様ミュージアム »

2007年5月 9日 (水)

パソコン用USB接続ワンセグチューナー

地上デジタル放送を受信したいところだが、賃貸集合住宅住まいで、UHFアンテナの向きがどうなのかは分からないので、今のところ地デジ対応のテレビは導入せず、古いまともに音が出ない(ビデオレコーダーをアンプにつないで音を出している)テレビを使っているが、帰宅時に家電量販店に立ち寄ったところ、ワンセグ放送がパソコンで簡単に受信できるというUSBチューナーが結構廉価で売っていたのを見つけた。

店内を見渡すと、ワンセグ受信機能のある携帯辞書などが展示されており、実際に受信してみたところ、結構きれいに映るので、これならUSBチューナーの方も使いものになりそうだと予想し、ものはためしにと買ってみた。その店で一番売れているという I・O DATA社の SEG CLIP GV-1SG/USB という型番の製品だ。

早速帰宅して、付属のCD-ROMからソフトをインストールして、非常に小さいチューナーをつないでみたところ、意外に簡単に画像と音声が出てきてくれた。一応UHF帯域を使った電波ということで、こんなに小さいアンテナでよく映るものだとは思う。ただ、現在普通に見られる放送局のうち、フジとTBSの2局が現在いる部屋では受信ができない。

それでも他の局では、データ放送も見られる。また予約も可能ということだ(まだ試していないが)。現在も右端に小さい画面を表示してニュース解説を見ながら書いているが、なかなか面白い。チャンネンル権というより家の狭さのせいで夜のテレビ放送はなかなか見られなかったが、これによってたとえばTV東京のWBSなどのビジネス系のニュースも見られるようになった。

現在、このワンセグ放送は実際は携帯電話に搭載されたチューナーで見るのが普通ということだが、テレビパソコンではない私のようなノートユーザーにとってはなかなか便利なものだと思った。

ただし、オリジナルの小さい画面と200%程度なら画質の粗さは気にならないが、全画面にすると画像が粗すぎて少々つらいものがある。やはり地デジとは違う。

P.S. 2007/05/09 追記

USBの延長コード(オス、メス組みのもの)2mのものを購入して、チューナーを窓際のカーテンの高い部分にクリップで留めてみたところ、昨日は受信できなかったTBSとフジテレビも問題なく受信ができた。鉄筋コンクリートながら東北側の東京タワーをはるかに望む(実際には見えないが)方向に窓があるのも功を奏したのかも知れない。価格.comなどのレビューを改めて読んで、この方法にトライしたのだが、モバイルではなく、据え置きのPCでワンセグを楽しむのなら、外部アンテナに接続できるものや延長アンテナが付けられるものの方が無難なようだ。これは、これでデータ通信も(DNSエラーを除いては)受信ができるのが現行の他の製品よりもいいところだろう。

P.S. 2007/05/10

まったくの偶然だが、ちょうど 日経BPのデジタルARENAにこんな記事が特集されていた。 普通のパソコンがテレビパソコンに大変身! 1万円で始めるワンセグ生活 価格.COMのユーザーレビューに比べると舌鋒は鋭くないが、さすがにプロライター、要領よくまとめている。

P.S. 2007/05/11

予約録画機能は一応使える。PCをスタンバイ状態にしておいて、深夜の「のだめカンタービレ」のアニメを録画してみたところ、今朝確認したら録画できていた。ただし、録画後のスタンバイ状態への移行がうまくいかなかったようで、PCの電源スイッチを押したところ、「正常なログオフが行われなかった」というようなメッセージが出て、何とか立ち上がった。少々このPCスタンバイとの相性がよくないのだろうか?

|

« フランス新大統領の相撲発言への不快感 | トップページ | 箱根 星の王子様ミュージアム »

テクノロジー」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/15005414

この記事へのトラックバック一覧です: パソコン用USB接続ワンセグチューナー:

« フランス新大統領の相撲発言への不快感 | トップページ | 箱根 星の王子様ミュージアム »