« 7/1 ETV特集で吉田秀和氏が取り上げられた | トップページ | テレビドラマ『エリザベス1世』 NHKBS2 »

2007年7月 3日 (火)

新海誠 アニメーション『ほしのこえ』

6/30土曜日の夜BS2のアニメ劇場という番組で、『茄子 アンダルシアの夏』というジブリ作品ともう一作の後に、以前から名前だけは知っていた新海誠の『ほしのこえ』を見ることができた。

美しい映像と胸キュンものの青春設定もさることながら、光速を越える移動方法であるワープ航法と携帯電話のメールを題材にしての光の速度でも8年間かかる遠距離(シリウスの惑星)からのメッセージが非常に印象的だった。16歳のときに出したメッセージが8年後の24歳の相手に届くということ。宇宙の広大さとを直感させられた。(ただ、光速移動に近づくほど時間の進み方が遅くなるというアインシュタインの相対性理論によれば、光速以上で移動したヒロインと地球に残されたヒーローの時間の進み方は当然違うはずなのだが、その辺はどうなるのだろうか?という疑問は残った。)

子どもたちは、メカのデザインがガンダムそっくりだと驚いていたが、メカニックデザイン担当は、ガンダムシリーズのそれを実際に手がけた人だったので、まさにそのものだったようだ。

|

« 7/1 ETV特集で吉田秀和氏が取り上げられた | トップページ | テレビドラマ『エリザベス1世』 NHKBS2 »

テクノロジー」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/15624206

この記事へのトラックバック一覧です: 新海誠 アニメーション『ほしのこえ』:

« 7/1 ETV特集で吉田秀和氏が取り上げられた | トップページ | テレビドラマ『エリザベス1世』 NHKBS2 »