« 南極の氷によりミランコビッチ仮説が実証 | トップページ | 季刊誌『考える人』続・クラシック音楽と本さえあれば »

2007年8月29日 (水)

8月28日夜の皆既月食

昨夜8月28日は、全国各地で皆既月食が観望できるはずだったが、関東南部はあいにくの曇り空で、我が家では皆既月食を見ることはできなかったが、ちょうど9時のニュースで北海道や九州での皆既月食の模様を映しているときに、外に出てみると、雲の切れ間から月が覗いており、向かって右半球が食で欠けているのが確認できた。皆既月食が終わり、次第に満月になる途中の状態だったようだ。その後10分ほどでまた月は雲に覆われてしまった。

皆既という言葉は、特殊な用語らしく、

■かいき【皆既】=かいきしょく(皆既食)となっており、 

かいきしょく【皆既食・皆既蝕】皆既日食または皆既月食のこと。皆既。 

という合成語でしか用いられないようだ。

<Kokugo Dai Jiten Dictionary. Shinsou-ban (Revised edition) ゥ Shogakukan 1988/国語大辞典(新装版)ゥ小学館 1988>

英語では、

■かいき【皆既】 合成語  皆既月(日)食 a total eclipse of the 「moon (sun) 皆既食 (a) totality 

となっている。

<Progressive Japanese-English Dictionary, Second edition ゥ Shogakukan 1986,1993/プログレッシブ和英中辞典  第2版  ゥ小学館 1986,1993> 

ちょうど現在行われている大阪での世界陸上競技大会で、ロシアのイシンバエワという女子棒高跳びの選手が優勝を決める4m80cmを跳ぼうとしたときに、大阪の快晴の月が映されたが、まだ向かって右端の部分に影(食)が薄く見えたのは印象的だった。ちょうどその時間帯の世界陸上を見ていなかったのだが、長居の陸上競技場であれほど鮮明に見えたとすると、選手、役員はもとより観客もちょうど皆既月食のときには、一種不思議な世界の中にいたのではなかったかと想像する。

|

« 南極の氷によりミランコビッチ仮説が実証 | トップページ | 季刊誌『考える人』続・クラシック音楽と本さえあれば »

自然・環境・生物・宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/16274738

この記事へのトラックバック一覧です: 8月28日夜の皆既月食:

« 南極の氷によりミランコビッチ仮説が実証 | トップページ | 季刊誌『考える人』続・クラシック音楽と本さえあれば »