« プロコフィエフ 交響曲第1番(古典交響曲) アバド/ヨーロッパ室内管 | トップページ | 池波正太郎 仕掛人・藤枝梅安シリーズを読了 »

2007年9月10日 (月)

ラフマニノフ 『鐘』 アシュケナージ/ACO

Rachmaninov セルゲイ・ラフマニノフ(1873-1943)
  『鐘』 作品35 (独唱、合唱とオーケストラのための詩曲)

  トロイツカヤ(S), カルツィコフスキー(T), クラウゼ(Br)

    アシュケナージ指揮 
   アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団・合唱団

  〔1984年11月録音、デッカ〕

これもパノラマシリーズ。この『鐘』を聴いてみたくて購入した。リヒテルのピアノ協奏曲第2番はダブリ購入(確信的)。また、アシュケナージとプレヴィンの『パガニーニの主題による変奏曲』もLP,CDがあるので、3枚目の重複になるが仕方が無い。なかなか、『鐘』だけでは売っていないので。

さて、ラフマニノフの合唱曲と言えば、『晩祷』が有名だが、この『鐘』も聞き応えがある。オケと合唱の重厚な和声とソリストのロシア語があいまって、初めて聴く曲だが、最後まで聴けてしまった。

銀の鐘、黄金の鐘、銅の鐘、鉄の鐘の四曲からなる合唱組曲だが、元々は合唱交響曲として構想されたものだという。ショスタコーヴィチの独唱と合唱とオーケストラによる交響曲の先駆をなすものかも知れない。

アシュケナージが珍しくACOを指揮したもの。この録音がこの曲の初めての鑑賞なので、他と比べようがないが、得意とするラフマニノフの音楽だけのことはあり、共感を持って演奏しているように聞こえる。

なお、このCDには、マゼールとベルリンフィルによる『ヴォカリーズ』と交響曲第2番が収録されており、マゼールらしい拗ね者的な音楽を聞くことができる。

関連: ラフマニノフ 前奏曲 嬰ハ短調 (C# minor, cis-moll) 作品3の2 (『鐘』)

|

« プロコフィエフ 交響曲第1番(古典交響曲) アバド/ヨーロッパ室内管 | トップページ | 池波正太郎 仕掛人・藤枝梅安シリーズを読了 »

ディスク音楽05 声楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/16159875

この記事へのトラックバック一覧です: ラフマニノフ 『鐘』 アシュケナージ/ACO:

» 浅田真央選手のフリースケーティングの曲が決まる ラフマニノフ 前奏曲作品3の2(『鐘』) [日々雑録 または 魔法の竪琴]
音盤を持っていないので、Rachmaninov Prelude Op.3 No.2 を検索ワードとして、YouTubeで探したら、 Gilels plays Rachmaninoff Op. 3 No. 2 In C Sharp Minor http://www.youtube.com/watch?v=EtuMVBLEWJU  という凄い演奏が見つかった。 作曲者自身の  http://www.youtube.com/watch?v=5xZty8z9pTw  登録されており、いまやYouTubeがク... [続きを読む]

受信: 2009年6月28日 (日) 18:06

« プロコフィエフ 交響曲第1番(古典交響曲) アバド/ヨーロッパ室内管 | トップページ | 池波正太郎 仕掛人・藤枝梅安シリーズを読了 »