« モーツァルト ピアノ協奏曲第21番ハ長調 ペライア/ECO(旧盤) | トップページ | 今日の新聞のWIKIPEDIA記事 »

2007年9月 4日 (火)

海里という単位

気象庁の台風情報を見ていたら、画面の下の方に

単位について:

  • 1ノット(kt)は1時間に1海里(NM)進む速さ。1海里は緯度1分(60分の1度)の長さ。
  • 1kt(knot) = 1.852 km/h = 0.5144 m/s
  • 1NM(nautical mile) = 1.852 km

という表示があり、気象と海里という単位に関係があるのだろうかと不思議に思った。

また、緯度1分の長さといえば、地球の極を通る経線(子午線)一周の長さがおよそ40,000kmなので、計算で出せるはずだと思って、エクセルを使って実際に計算してみた。

1.一周40,000kmを360度で割って、緯度1度あたりの長さを計算すると、111.111・・・km/度となる。

2.これを60分で割って、緯度1分あたりの長さを計算すると、1.85185・・・km/分となる。四捨五入すれば、1.852km
    つまり、1852m/分となる。

地球は、真球ではなく、縦につぶれた楕円体ということなので、厳密に言えば、低緯度と高緯度では、緯度(分)ごとの長さは高緯度の方が長くなるということだが、一周40,000kmの大雑把な上記の計算が、現在国際海里として通用しているらしい。厳密な計算によるもののちょうど平均値になるらしいのだ。

そして、海上交通などに関係しないとすぐにはピンと来ないノットは、1時間に1海里と進む速さということで、なぜこのような単位を使うかというと、海図が経線緯線によって描かれているため、海図で航路を計算する場合には、この海里という単位が有用だからというわけらしい。

現在の自分にはあまり役には立たないことだが、計算で出せるはずだと実際にやってみた答えが、国際単位と偶然にも一致したのはうれしかった。

なお、1852mは結構覚えにくいが、上記2の計算結果が、1.851851851・・・kmと851が循環する小数になっているので、逆にこれから覚えれば1852は自然に思い出せるように思う。

|

« モーツァルト ピアノ協奏曲第21番ハ長調 ペライア/ECO(旧盤) | トップページ | 今日の新聞のWIKIPEDIA記事 »

教育」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/16342107

この記事へのトラックバック一覧です: 海里という単位:

« モーツァルト ピアノ協奏曲第21番ハ長調 ペライア/ECO(旧盤) | トップページ | 今日の新聞のWIKIPEDIA記事 »