« スイトナー/SKD モーツァルト後期交響曲集 | トップページ | 遠藤周作『侍』 »

2007年9月25日 (火)

電車とバスの博物館(川崎市 宮崎台)

東急電鉄と東急バスが、東急田園都市線宮崎台駅の高架下とその周辺に設置した博物館。公式サイトはこれ

朝日新聞土曜日beのアンケートにも出ていたが、土曜日から月曜日の三連休は結構不評らしい。私も成人の日、体育の日がずれるのはどうも感覚的にそぐわないし、飛び石連休の方がいい場合もある。先週は一日少し遠出したが、今週は天気もはっきりせず、家族の意見もまとまらなかったので、家でダラダラして過ごしたが、どうもすっきりしないので、月曜日に少しクルマを走らせてでかけてきた。

とにかく入場料が安い。大人100円、こども50円で、当日の入・出場が自由。かつての「交通博物館」や横浜市の「市電保存館」に比べると手狭だが、身近な東急電鉄の古い車両も見られることもあり、少し鉄道マニア(鉄ちゃん)的になっている子どもたちには結構面白かったようだ。

私は、別館でYS-11のコックピットに座り4分間ほどのシミュレーション飛行をやってみたが、スロットルや、操縦桿、計器類など面白いものだった。無事離着陸できたが、アシスタントの係りの人がほぼ操縦をやってくれるので、こちらはただ手を添える程度で済んでしまったのは、少々物足りない感じではあった。

|

« スイトナー/SKD モーツァルト後期交響曲集 | トップページ | 遠藤周作『侍』 »

ミュージアム」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

生活・レジャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/16568935

この記事へのトラックバック一覧です: 電車とバスの博物館(川崎市 宮崎台):

« スイトナー/SKD モーツァルト後期交響曲集 | トップページ | 遠藤周作『侍』 »