« 平日の鉄道博物館なのに大混雑 | トップページ | ルプー のブラームス ピアノ作品集 »

2007年10月30日 (火)

カンボジアコーヒーを挽いて飲む

義弟夫婦がカンボジアのアンコール・ワット見物に出かけて、そのお土産にカンボジアのコーヒー豆を買ってきてくれた。生豆ではなく、ローストしたもので、名前はRatanakiri coffeeと書かれており、Product of Cambodia となっていた。ネットで調べるとまさにそのコーヒーが紹介されていた。http://www.ratanakiri-coffee.com/

Cambodiancofeeratanakiri4

以前コーヒーをよく飲んだ頃には、手動のコーヒーミルも持っていたのだが、引越しのときにその義弟にやってきたので、廉価なミルを探していたのだが、たまたま入ったスーパーに挽いたコーヒーの保存もできる密閉瓶つきのコーヒーミルが3000円ほどの廉価で売っていたので購入し帰宅後豆を挽いて、ペーパーフィルターで淹れて飲んでみた。

少々粗めに挽き過ぎたようで、ドリップがやけに早く終わってしまい、色としては薄いコーヒーになってしまったが、ものは試しに飲んでみた。

元々ローストされた豆の色が相当濃かったので、深煎りだろうとは想像していたのだが、味はその通り酸味はほとんどなく、苦いものだった。

その後、上記のリンクを見つけ、またその他カンボジアコーヒーを試してみた人のブログなどを拝見したが、エスプレッソ的に飲む飲み方が基本のようで、焙煎をうっかり強くしすぎたわけではないようだ。

苦いコーヒーも嫌いではないが、もう少しおいしく飲めるように、挽き方、淹れ方を工夫してみよう。

Cambodiancofeeratanakiri1 Cambodiancofeeratanakiri2 Cambodiancofeeratanakiri3

2007/12/16追記 150gでUSD6.00なので、日本円では(USD1=115円として)690円。100g では約520円なので、日本国内のコーヒー店で買うのとほぼ同じくらいの値段だ。現地としてはずい分高価なものだろう。フェアトレードがコーヒー取引の新しい潮流だが、これと関係しているものだろうか?

|

« 平日の鉄道博物館なのに大混雑 | トップページ | ルプー のブラームス ピアノ作品集 »

コーヒー・紅茶・緑茶」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

生活・レジャー」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/16914964

この記事へのトラックバック一覧です: カンボジアコーヒーを挽いて飲む:

» 癒しのある子育てママ生活/お引越しも効率よくさわやかに☆ []
引越しについての子育てママのブログ記事です☆よかったら遊びに来てください♪ [続きを読む]

受信: 2007年10月30日 (火) 15:39

» カンボジアのリンク集 [カンボジアのサイト集情報]
カンボジアのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2007年11月 1日 (木) 04:04

« 平日の鉄道博物館なのに大混雑 | トップページ | ルプー のブラームス ピアノ作品集 »