« 『反音楽史』『音楽史ほんとうの話』 | トップページ | シュナーベルのベートーヴェン ピアノソナタ全集(EMI) »

2007年11月30日 (金)

カンボジアコーヒー、その後

10月30日に「カンボジアコーヒーを挽いて飲む」という記事をアップしたが、焙煎が非常に強く豆の色が黒くなっているので、そのままストレートで飲み続けるのは正直言ってきつくなってきたので、数回でリタイアした。

ただ、この機会にコーヒーミルを購入したのが、これまでしばらく飲んでいなかったいわゆるレギュラーコーヒーを豆の状態でスーパーやコーヒー店から購入してきて、スローライフよろしく自分で挽いて飲むきっかけになり、モカブレンドとブラジル(ストレート)を購入してきて、挽いて飲み始めた。平日はゆっくりした時間が、帰宅後しか取れないので、しばらくの間は夕食後に挽き立て、淹れ立てのコーヒーを飲むようにしたが、レギュラーコーヒーのカフェインの効果は緑茶や紅茶よりも強いのか、睡眠が浅くなったような気がした。

ところで、モカブレンドとブラジルは中煎り程度なので、酸味も残っており、モカは比較的酸味が強いので、カンボジアとこの2種類をためしに適当にブレンドして飲んでみたところ、なかなかよろしいようで、驚いた。素人の適当なブレンドでも結構おいしい。これまで試したところ、3種類をブレンドするよりも、モカブレンドとカンボジア、ブラジルとカンボジアとした方がよいようだ。もともとモカブレンドにはベースにブラジルが含まれていると思われるので、モカがストレートなら違う味になるとは思うのだが。

カンボジアコーヒーを活かす方法が見つかって満足だ。

|

« 『反音楽史』『音楽史ほんとうの話』 | トップページ | シュナーベルのベートーヴェン ピアノソナタ全集(EMI) »

コーヒー・紅茶・緑茶」カテゴリの記事

生活・レジャー」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/17203472

この記事へのトラックバック一覧です: カンボジアコーヒー、その後:

« 『反音楽史』『音楽史ほんとうの話』 | トップページ | シュナーベルのベートーヴェン ピアノソナタ全集(EMI) »