« シューベルト ピアノ五重奏曲『ます』 ブレンデル、クリーヴランド弦楽四重奏団員 | トップページ | ブレンデル、アバドのブラームス ピアノ協奏曲第1番 »

2008年1月17日 (木)

メリタとカリタと自家焙煎

ネルドリップ、サイフォン、パーコレーター、水出し、煮出し、エスプレッソなどなどコーヒーの抽出方法にはいろいろあるようだが、もっとも手軽なのはペーパードリップ方式だろう。中でも、ドイツの主婦メリタ・ベンツの名前が付いたメリタと、非常によく似た名前の日本のカリタが日本ではよく知られているようだ。

大学生時代にレギュラーコーヒーのペーパードリップを飲み始めてから、大体カリタを使うことが多かった。途中、メリタも使ってみたが、そのとき買ったメリタの樹脂製のドリッパーがドイツが本家というのに何だか薄っぺらでチャチで形も歪みがあるようで、サーバーの上でも不安定になり使わなくなってしまったのだ。まがい物だったのだろうか?

現在では、普通のスーパーや量販店の販売スペースではカリタの方が優勢だろうか?

このところ、毎日自家挽きコーヒーを飲んでいるので、たまにはメリタも使ってみようかと、先日350円で2杯用のドリッパーを買ってきた。今度は樹脂製でもしっかりしている。

カリタはコーヒーの落ち口が三つ穴で、お湯の注ぎ方も、何回かに分け、最後に残ったドリップ中の部分はコーヒーサーバーに完全に落とさないうちにドリッパーを引き上げるという手順で、使う粉の量も付属の軽量スプーンが大きいので若干大目になり、味わいも濃厚な味になるようだ。

一方最近使用を再開したメリタは一つ穴が特徴で、ドリップの仕方も(蒸らしは同じだが)杯数分のお湯を一度に回しいれ、コーヒーがドリップ穴から全部落ちきるまで絞りきるという方法が一般的のようで、こちらで淹れるとすっきりした味わいで安定した味になるが、少々コクが薄くなるようにも感じる。

まあ、これこそ気分次第、濃い目を飲みたいときにはカリタでじっくり淹れるもよし、またメリタでも数度に分けてお湯を注げばその調整は可能だ。

さて、コーヒーではまた一歩進んで、生豆を買ってきて家庭で焙煎をすることも可能なようだ。私がたまに焙煎済のコーヒー豆を購入する店でも、少し薄緑色の生豆を販売しているので、それなりの需要があるのだろう。本来は、焙煎したて、挽きたて、淹れたてが望ましいのは理の当然のようだが、最も技術を要するのも焙煎だとも言うので、現在家庭用の焙煎機も出回ってはいるようだが、そこまで凝るかどうかは思案中というところだ。

|

« シューベルト ピアノ五重奏曲『ます』 ブレンデル、クリーヴランド弦楽四重奏団員 | トップページ | ブレンデル、アバドのブラームス ピアノ協奏曲第1番 »

コーヒー・紅茶・緑茶」カテゴリの記事

生活・レジャー」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

どれどれ………、と調べて見ました。わが家のコーヒーメーカーはMelita200で1つ穴。一方、単身赴任時に使ったドリップはカリタ製で3つ穴でした。
今までそんな違いがあることも気づかず、漫然と飲んでおりました。軟弱者で、豆の自家焙煎など考えたこともなく、日付の新しそうな豆を買ってくるだけです(^_^;)>poripori
残念ながら違いはわかりませんが、コーヒーはおいしいものですね。

投稿: narkejp | 2008年1月18日 (金) 20:52

narkejpさん、コメントありがとうございます。
メリタもカリタも淹れる側の意識の問題で、一応私の淹れたコーヒーを美味しいと言っている妻には分からないものなのかも知れません(^_^;)。
それでも、自分では微妙な違いがあるように思って悦にいっているのもまた楽しといったところでしょうか?

投稿: 望 岳人 | 2008年1月18日 (金) 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/17718604

この記事へのトラックバック一覧です: メリタとカリタと自家焙煎:

« シューベルト ピアノ五重奏曲『ます』 ブレンデル、クリーヴランド弦楽四重奏団員 | トップページ | ブレンデル、アバドのブラームス ピアノ協奏曲第1番 »