« ドヴォルザーク スラヴ舞曲作品46の2 ホ短調 | トップページ | 日経ビジネス オンライン(NBonline)の音楽記事 »

2008年2月24日 (日)

新聞記事「持ち運べるブラウザー」を実験

2/23(土)は、めまぐるしい天気の変わり方の一日だった。

2/21(木)、2/22(金)と暖かい天気が続き土曜日の朝方の暖かさと最高気温は3月並みだったようだが、昼前から西風が強く吹き始め、我が家の前のお寺の森をユサユサ揺らすほどになり、洗濯ものも取り込まなければならないほどだった。金曜日夕方の天気予報でも赤い北風の矢印が出ていたが、まったくピッタリと的中した。

そのうち、その強風が吹き募り雲行きが怪しくなると、窓からの景色が霞み始め、いつもなら見える8km程度先の約40階建のビルがまったく見えなくなるほど黄色く霞んだ。次男が黄砂現象?と尋ねるほどだった。

ところが、それが一時間ほどで収まると急激に気温が下がり始め、今度は風向きが変わり空も晴れ始めた。5時ごろには晴れ渡った空が薄く夕焼けして、大山(詣でで有名な神奈川の)や富士山、丹沢方面がシルエットとなり美しかった。

さて、朝日新聞の土曜日版 be on Saturday business の てくの生活入門は、「持ち運べるブラウザー」という題で、USBメモリに入れて出先でも使えるfirefox version 2 の portable版 FFP を紹介し、その日本語化まで解説してあり、早速手持ちのUSBにインストールしてみたところ、結構使い勝手がよさそうだ。

一応紹介するが、自己責任でのトライをお願いしたい。

Mozilla Firefox, Portable Edition の下記ページで、英語版のFFPをデスクトップなどにダウンロード。http://portableapps.com/apps/internet/firefox_portable

実行ファイルを実行してファイルを展開すると Firefox Portable フォルダができる。

それを USBメモリ(128MB以上の空きが必要とのこと)にフォルダごとコピー。

フォルダ内の Firefox Portable.exe をクリックすると英語版の FFPが立ち上がり、そのままでいい人はこれで使えるようになる。

日本語版にするためには、Firefoxの日本語版をダウンロードしてそのインストーラを使えばFFPも日本語化されるというので、試してみたところ、割と簡単にできた。

Firefox 2のページ http://www.mozilla-japan.org/ を開き、無料ダウンロードのFF2をやはり適当な場所(デスクトップなど)にダウンロード。Firefox setup 2.0.0.12.exe を実行して、カスタムインストールを選ぶ。ここで注意するのは、インストール先を、上記で作成したUSB内の Firefox Portable フォルダ内の App フォルダの中の Firefox フォルダを選択すること。そして、途中のチェックはすべてはずして、最後の今すぐ起動も外し、これで完了。Internet Explorer からのブックマークのインポートもできる。

前回は、USB に Knoppix 5.1.1 をインストールして少し遊んだが、このFFPのUSBでの持ち運びは結構便利かも知れない。

私なら、実家に帰省したときとか、親戚の家に遊びに行った場合とか、もちろん出張先やネットカフェでも使えそうだ。

ただし、新聞にも書かれていたが、パスワードなど個人情報の入ったUSBを持ち歩くことにもなるので、紛失等には十分注意したい。

詳しい使い方は、サポートのページに出ている。

http://www.mozilla-japan.org/support/firefox/2.0/

最近、IEがWindows update によりいつの間にか6.0から7.0にアップデートされてしまうようになったが、私の場合以前7.0がリリースされたばかりのときに自主的にインストールして懲りたことがあり、しばらくしてから6.0に戻し、そのことをこのブログにも書いたこともあり、今回のアップデートでは7.0にならないように事前に注意を払っていたが、最近その2006年11月30日 (木)付けの「IE7.0からIE6.0に戻す」という記事が閲覧される回数が増えている。

IE7.0に比べると このFirefox Portable の使い勝手は、なかなかよいようだ。安定性も優れている(今回アップデートで自動リリースされている7.0の安定性が改善されたかどうかは不明だが)。

追記:2/24(日)09:19

2007年3月28日 (水) KNOPPIX 5.1.1 日本語版の記事で懸念したUNIX, LINUX系OS対象のウィルスは実在するようで、それなりの対処が必要だと聞いた。企業内のプロでもうっかりUNIX,LINUXはネットでのウィルス感染は心配ないというような認識をしている向きもあるようで、警告記事が出ていた。このFFPは、2007年6月19日 (火)KNOPPIXのUSBメモリブートにようやく成功したでも書いたIceweasel とほとんど同じものだが、一応ハードとソフトでウィルス対策を施したWindows 上で動くので、その点では、USBメモリー起動のKNOPPIXでのネット接続より少し安心というのが利点の一つかも知れない。

|

« ドヴォルザーク スラヴ舞曲作品46の2 ホ短調 | トップページ | 日経ビジネス オンライン(NBonline)の音楽記事 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/40234368

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞記事「持ち運べるブラウザー」を実験:

» 持ち運べるブラウザ Portable Sleipnir は便利かも [コンテナ・ガーデニング ]
フェンリルのウェブブラウザの Sleipnir に、USBメモリーなどから起動で [続きを読む]

受信: 2008年3月 1日 (土) 13:03

« ドヴォルザーク スラヴ舞曲作品46の2 ホ短調 | トップページ | 日経ビジネス オンライン(NBonline)の音楽記事 »