« 大河ドラマ『篤姫』も面白い | トップページ | 臼井隆一郎『コーヒーが廻り世界史が廻る』 »

2008年3月26日 (水)

音盤上屋での投稿 2編

2008年3月26日 (水)

ココログ(フリー以外)メンテ中

本ブログの日々雑録または魔法の竪琴のココログ(フリー以外)が3/25から3/26までメンテナンスなので、こちらに日記を書いておく。

3/24 臼井隆一『コーヒーが廻り世界史が廻る 近代市民社会の黒い血液』(中公新書 1095)を購入し読み始めた。非常に面白い。コーヒーについては、茶、 コーヒーのカフェイン飲料が世界史に与えた影響ということに関心があるので、ドンぴしゃりの本があったというところだ。起源から第二次大戦のファシズムま で、非常に想像力のある面白い世界史で、こういう切り口もあったのかという興奮がある。

2007年12月26日 (水) J.S.バッハ『コーヒー・カンタータ』とドリップコーヒー

また、3/25には、同じ中公新書で角山栄『茶の世界史 緑茶の文化と紅茶の世界』を購入。これも、同じ関心から興味深そうだ。

経済史の一分野になるらしいが、食品の歴史というものは、興味をそそる。

|

2008年3月 4日 (火)

保守あげ

2008.03.03 1年間記事の新規作成のないココログフリーのアカウントについて

2008年4月1日より、ココログフリーでは、1年間記事の作成がないアカウントにつきまして、毎月自動的にココログのアカウントを削除させていただきます。

とのことで、第1ブログの記事を保存するためのブログだが、独自記事を一本投稿。

|

« 大河ドラマ『篤姫』も面白い | トップページ | 臼井隆一郎『コーヒーが廻り世界史が廻る』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/43922038

この記事へのトラックバック一覧です: 音盤上屋での投稿 2編:

« 大河ドラマ『篤姫』も面白い | トップページ | 臼井隆一郎『コーヒーが廻り世界史が廻る』 »