« レオナルドのヴェッキオ宮殿の壁画が発見!? | トップページ | 岡田暁生『オペラの運命』(中公新書) »

2008年5月 1日 (木)

池波正太郎『真田太平記』を10年以上かけて読了

池波正太郎『真田太平記』新潮文庫版 全12巻

1. 天魔の夏
2. 秘密
3. 上田攻め
4. 甲賀問答
5. 秀頼誕生
6. 家康東下 ここまで1990年代に読んだ。 その当時、これ以外の真田ものはほぼ読了。上田市の池波正太郎真田太平記館も訪れ、旧真田町(上田市)の国道は生活道路で、真田本城、真田屋敷、ゆかりの寺院、角間温泉、鳥居峠、沼田なども訪れ、真田10万石の城下町松代も生活圏の一部だった。信之の菩提寺も訪れ、廟所にも参拝した。

その後、中断。最近は池波正太郎の剣客商売、鬼平犯科帳、梅安を読了。

そしてようやく。

7. 関ヶ原   ここから2008年3,4月に読んだ。
8. 紀州九度山
9. 二条城
10. 大坂入城
11. 大坂夏の陣
12. 雲の峰

最終巻の解説を読むと、作者は約9年を掛けて週刊誌に連載してこの大作を完成させたのだという。

|

« レオナルドのヴェッキオ宮殿の壁画が発見!? | トップページ | 岡田暁生『オペラの運命』(中公新書) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/41034351

この記事へのトラックバック一覧です: 池波正太郎『真田太平記』を10年以上かけて読了:

» 高橋まゆみさん人形展「真田幸村と十勇士」、上田で6日から [ローカルニュースの旅]
飯山市在住の人形作家高橋まゆみさんの人形展「真田幸村と十勇士」が4月6日、池波正太郎真田太平記館で始まる。上田城跡公園などの桜が見頃になる時期に合わせて同館が初めて企画。上田ゆかりの戦国武将幸村と真田十勇士の表情豊かな11体を5月6日まで展示する。... [続きを読む]

受信: 2012年4月 9日 (月) 22:07

« レオナルドのヴェッキオ宮殿の壁画が発見!? | トップページ | 岡田暁生『オペラの運命』(中公新書) »