« 名曲探偵アマデウス 事件ファイル#5 シューベルトの弦楽四重奏曲『死とおとめ』 | トップページ | 名曲探偵アマデウス 事件ファイル#6 ドビュッシー『前奏曲集第1巻』 »

2008年5月11日 (日)

アシュケナージのチャイコフスキー『四季』

Ashkenazy_tchikovsky_seasons ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー(1840-1893)

四季-12の性格的描写(Les saisons - 12 Morceaux caracteristiques*)Op.37bis(1875~76)[p][12曲]
1月「炉ばたで(Au coin du feu)」 2月「謝肉祭(Carnaval)」 3月「ひばりの歌(Chant de l'alouette)」 4月「松雪草(Perce-neige)」 5月「白夜(Les nuits de mai)」 6月「舟歌(Barcarolle)」 7月「草刈り人の歌(Chant de faucheur)」 8月「収穫(La moisson)」 9月「狩り(La chasse)」 10月「秋の歌(Chand d'automne)」 11月「トロイカで(Troika en traineaux*)」 12月「クリスマス(Noel*)」

題名:http://www.interq.or.jp/classic/classic/data/perusal/saku/index.html 参照

併録: 瞑想曲Op.72-5, 少し踊るようなポルカ Op.51-2, 熱い告白、やさしい非難 Op.72-3,
子守歌 Op.72-2 (Op.72 は『18の小品』)

アシュケナージ(ピアノ) 
〔1998年12月12-13日 ドイツ ベルリン、テルデックスタジオ、1998年9月26-27日 ギリシャ アテネ ディミトリ・ミトロプーロス・ホール(メガロン・アテネ・コンサート・ホール)〕POCL-1903 (466 562-2)

アシュケナージのデッカ録音はどうも音色が自分好みではなく、これまでもあまり積極的に聴くほうではなかったが、チャコフスキーのこの「四季」の曲集を持っていなかったので、店頭で目に付いたこのCDを購入した。

比較的新しいアシュケナージの録音だが、この録音は響きの点でもにじむような不満がなく、アシュケナージの多彩な音色を味わえるものだった。

|

« 名曲探偵アマデウス 事件ファイル#5 シューベルトの弦楽四重奏曲『死とおとめ』 | トップページ | 名曲探偵アマデウス 事件ファイル#6 ドビュッシー『前奏曲集第1巻』 »

ディスク音楽04 独奏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/41164696

この記事へのトラックバック一覧です: アシュケナージのチャイコフスキー『四季』:

« 名曲探偵アマデウス 事件ファイル#5 シューベルトの弦楽四重奏曲『死とおとめ』 | トップページ | 名曲探偵アマデウス 事件ファイル#6 ドビュッシー『前奏曲集第1巻』 »