« セル/CLO の ブラームス 交響曲第4番  | トップページ | 名曲探偵アマデウス 事件ファイル#8『フィンランディア』 »

2008年6月14日 (土)

ドイツ・ハルモニア・ムンディ50周年記念 50枚セットを買ってしまった

DHM と略すらしいが、SONY/BMG傘下に入ったこともあるのか、50周年記念で膨大な録音が超廉価で発売された。

初回があっと言う間に完売したという話題をいくつかのブログ記事で拝見していて残念に思っていたが、再発売が決定したという話を聞き、またもや久々に禁を破って6/10の早朝HMVに注文を入れたところ、6/13の午後には佐川急便で38*38*22という巨大なダンボールに入って届けられた。中にはクッション類はまったくなく、同時注文の2枚のCDと一緒にラップでくるまれて、それがその大きなダンボール箱の底面に軽く接着された状態で届いた。環境への負荷低減のため発泡スチロールのクッション材の使用を減らすためかと想像したが、底面の補強という点では心配の残る梱包形態だった。ただ、中のCDにはまったく異状なく、傷や凹みもなかった。英語版の表記を写すと "Deutsche Harmonia Mundi 50th Anniversary Edition"  50CDs FROM THE LEGENDARY BAROQUE AND ANCIENT MUSC LABEL とある。HMVの紹介ページはこれ

これまで ハルモニア・ムンディの名前は知ってはいたが、音盤としてはLPもCDも一枚ももっていなかった。これまで聴きたいと思っても聞けずにいたマショーやビーバー、フレスコバルディなどの作品も聞けるし、バッハの曲でもソロ・チェロ組曲やロ短調ミサ、モンテヴェルディの『ヴェスペレ』などの手持ちの音盤の同曲異演盤も聞けるのでと思い、購入に踏みきった。

何から聞いてみようか迷ったが、 31-32【モンテヴェルディ:『聖母マリアの夕べの祈り』(全曲) コンラート・ユングヘーネル(指揮&リュート) カントゥス・ケルン コンチェルト・パラティーノ】は、ガーディナーの録音で何度も聞いている曲なので、聴き比べてみようと聴き始めたところ、ガーディナーの録音が華麗で少し饒舌過ぎると聴こえるほど、まろやかで滑らかな美しさの演奏が聴けて驚いた。DHM自体、その筋では十分有名なレーベルで、私が知らないだけなのだが、このような演奏、録音を聴いてみると、「(当然のことながら)まだまだ世の中は広いものだ」と、陳腐な感想が生まれてきた。

膨大な音盤を蒐集して、未聴状態で放置することをチョモランマにひっかけてミチョランマと言うらしい(座布団数枚もの!)が、この50枚組みのCDは、多彩なラインナップということもあり、多分ミチョランマ登録されることはない!と、自分で決意する次第だ。

|

« セル/CLO の ブラームス 交響曲第4番  | トップページ | 名曲探偵アマデウス 事件ファイル#8『フィンランディア』 »

DHM」カテゴリの記事

ディスク音楽01 オーケストラ 」カテゴリの記事

ディスク音楽02 協奏曲」カテゴリの記事

ディスク音楽03 アンサンブル」カテゴリの記事

ディスク音楽04 独奏」カテゴリの記事

ディスク音楽05 声楽」カテゴリの記事

ディスク音楽06 オペラ」カテゴリの記事

ディスク音楽07 宗教曲」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

50枚8000円には及びませんが、10枚17ユーロを二種類注文しました。

ユングヘーネルとフライブルガーバロックの二種類です。前者の二枚だけは既に保持していましたが、後者のものは初めてです。

狙いは前者のシュッツなどドイツものでした。また共通の話題が出るかと楽しみです。

投稿: pfaelzerwein | 2012年2月27日 (月) 16:44

pfaelzerweinさん、コメントありがとうございます。ドイツ・ハルモニア・ムンディのCDは、ときおり聴いています。ヘンゲルブロックは、来日もするなどすっかり注目株となっているようです。

投稿: 望 岳人 | 2012年2月29日 (水) 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/41526257

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ・ハルモニア・ムンディ50周年記念 50枚セットを買ってしまった:

« セル/CLO の ブラームス 交響曲第4番  | トップページ | 名曲探偵アマデウス 事件ファイル#8『フィンランディア』 »