« 多摩動物公園 チーターの幼子たち | トップページ | 多摩動物公園 ウォンバットのチューバッカ君 20数歳 »

2008年6月16日 (月)

多摩動物公園 オオカミ王ロボとイヌガミのモロ一家

モスクワ動物園から来園したロボ(雄)とモロ(雌)の家族。成獣だけで10頭も見られた。8頭の成獣は息子、娘なわけで、少し手狭な感じだ。ここに新たに4頭ほどの子オオカミが誕生した。

P6150071


モロと今年の春生まれた幼獣が寄り添っていたが、兄弟姉妹が忙しく駆け回り落ち着かない様子。

P6150065_2

部分的にトリミングして拡大してみた。

P6150065trimming


モロが離れてチビスケが一頭になった。

P6150069

真ん中の枯れ木の根元にもチビスケが一頭。

この成獣は、飼育場の一番下部の堀の間際まで降りてきたもの。電気柵をくぐって出たものらしい。苦労してまた登っていったところ、ロボかモロか兄弟姉妹かにひどく叱られて、尻尾を巻いて逃げ回っていたのが哀れだった。

P6150067

総合系BLOGにリンクを貼らせてもらっている Wolf Wolf Wolf (koutaさん)の記事 2008年 06月 19日 今年も多摩動物公園で赤ちゃん生まれるにトラックバックさせてもらった。長男がオオカミに興味を持つようになって、こちらのブログで多摩のオオカミの赤ちゃんのことを知ることができたのだった。特にこの記事 2005年 04月 30日 多摩動物公園のヨーロッパオオカミの赤ちゃんその後の写真に魅了されたのが、多摩に行ってみるきっかけだった。

|

« 多摩動物公園 チーターの幼子たち | トップページ | 多摩動物公園 ウォンバットのチューバッカ君 20数歳 »

オオカミ」カテゴリの記事

ミュージアム」カテゴリの記事

生活・レジャー」カテゴリの記事

自然・環境・生物・宇宙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/41554248

この記事へのトラックバック一覧です: 多摩動物公園 オオカミ王ロボとイヌガミのモロ一家:

« 多摩動物公園 チーターの幼子たち | トップページ | 多摩動物公園 ウォンバットのチューバッカ君 20数歳 »