« 名曲探偵アマデウス#11見逃したが、今晩は#9をしっかり見よう  | トップページ | 名曲探偵#9『月光』の回をようやく見終えた »

2008年7月14日 (月)

日本語学者 大野晋氏の逝去を悼む

高校生ごろから大学生ごろまで、いわゆるアイデンティティの確立期だったのだろうが、日本語の成立、日本語の語源、日本語の由来等々に興味を持っていたときに出会ったのが、大野晋『日本語の起源』(岩波新書青版)だったと思う。日本語の語彙が、南インドのタミル語に大変共通性があるというショッキングな学説だった。学問的な想像力の点では凄いと思ったが、語彙が似ていても文法はどうなのだろうというクエスチョンが残ったように思う。

近年ベストセラーになった『日本語練習帳』は購入したが、よい生徒ではなく、途中で中断中である。

とは言え、88歳の大往生だったとのこと。御冥福を祈りたい。

ところで、日本語という世界的にも不可思議な言語を操るユニークな民族に属する自分としては、アイヌ語、朝鮮語等との比較研究の方がどうなっているのかが興味がある。最近の研究では、ジャポニカ種の起源も遺伝子的に改められようとしているようだが、それらをもたらした弥生人とそれ以前に旧石器時代から日本列島に居住していた人々(その子孫が縄文人だろうか)との融合した民族が、現在の日本人の主流の祖先なのだろうか。

ブリテン島、アイルランド島が多くの周辺諸民族の坩堝となったように、日本列島も同じく、北から、南から西から、東から訪れた諸民族の坩堝であったことだろう。

朝鮮語とは、いわゆる文法的な語順がそっくりだというのだから、そうとうの近似性があるのだろうし、アイヌ語からは多くの語彙を受け継いでいるという。近世・近代の不幸な侵略、抑圧等の関係から、相互の語学研究にはなんらかのタブーがあるのかも知れないが、日本語がバスク語のような世界の孤児的な言語ということはないように思うのだが。

ただ、朝鮮語(韓国語)は、初歩のハングルから勉強しようとして、何度も躓いてしまっている。必要性の問題もあるのだろうが、合理的に作られた文字とは言え記憶力がついていかないのは不思議だ。ハングルが読めなくても、会話を習うことは可能だろうとは思うけれど、なかなか先に進まない。

|

« 名曲探偵アマデウス#11見逃したが、今晩は#9をしっかり見よう  | トップページ | 名曲探偵#9『月光』の回をようやく見終えた »

ニュース」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/41837597

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語学者 大野晋氏の逝去を悼む:

» 大野 晋先生 [Muses]
日本語の起源などの研究で知られる国語学者大野晋(おおの・すすむ)氏が14日午前4 [続きを読む]

受信: 2008年7月14日 (月) 23:54

» 大野晋先生と日本の漢字文化 [志村建世のブログ]
大野晋先生が亡くなられたという新聞記事が出ていました。丸谷才一氏は「本居宣長よりも偉かった」という言葉を贈っています。偉大な国語学者であり、「日本語・日本人とは何か」という壮大な...... [続きを読む]

受信: 2008年7月15日 (火) 13:27

» 日本語練習帳 大野晋 [馬]
外国人に「私は」と「私が」の違いを聞かれました。普段意識して使い分けていない.外国人に「私は」と「私が」の違いを聞かれました。普段意識して使い分けていないのですが、... [続きを読む]

受信: 2008年7月16日 (水) 22:19

» 追悼 大野晋先生 [試稿錯誤]
                                      国語学者大野晋先生が亡くなられた。 私は理系出身であり、先生の御著書の一読者にしかすぎない。先生が著わされた岩波古語辞典を発売直後購入し、折にふれ参照した。この古語辞典作成の過程で得られた知見をまとめられた岩波新書『日本語をさかのぼる』を愛読した。記憶を辿れば、岩波日本思想大系『日本書紀』の解説で先生は、日本書紀の記述は日本の文物をまったく解さない中国人の筆になるものである、と断定されていた。さらに、狭山事件(冤罪)では... [続きを読む]

受信: 2008年8月 4日 (月) 18:19

« 名曲探偵アマデウス#11見逃したが、今晩は#9をしっかり見よう  | トップページ | 名曲探偵#9『月光』の回をようやく見終えた »