« 事件ファイル #14 殺しのプレリュード ~ショパン 「24の前奏曲」 | トップページ | 『バルトーク 民謡を「発見」した辺境の作曲家』(伊東信宏著 中公新書1370) »

2008年9月17日 (水)

須永朝彦『白鳥王の夢と真実 ルートヴィヒⅡ世』(新書館)

2008年7月20日 (日) 昨夜の『世界ふしぎ発見!』はルートヴィヒ二世特集 のときに、本の表紙画像をアップしておいたが、ようやく読了できた。

ヴィッテルスバッハ家というミュンヘンの王家と、ホーエンツォレルン家というプロイセン(ベルリンの王家)、そしてハプスブルク家というオーストリアの王家との関係などの大ドイツの基本的な地方と位置関係が、なんとなく分かったように思えた。

ヴァーグナーとの関係はそれこそ詳しく書かれており、また、婚約者ゾフィー・フォン・ヴィッテルスバッハとその姉、神聖ローマ帝国皇帝妃 エリーザベト(日本語風にはエリザベート)(この姉妹はルートヴィヒのとの父の従姉妹にあたる)との交流についても詳しく書かれていた。

日本で初めての詳しいルートヴィヒⅡ世の伝記ということだが、wikipediaの記述の誤りが直ぐに分かるほど詳しく、分かりやすく書かれていた。

鴎外の『うたかたの記』、ヴィスコンティの『ルートヴィヒ』についても触れられていた。 なかなかよい本だった。

|

« 事件ファイル #14 殺しのプレリュード ~ショパン 「24の前奏曲」 | トップページ | 『バルトーク 民謡を「発見」した辺境の作曲家』(伊東信宏著 中公新書1370) »

ディスク音楽06 オペラ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

美術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/42511018

この記事へのトラックバック一覧です: 須永朝彦『白鳥王の夢と真実 ルートヴィヒⅡ世』(新書館):

« 事件ファイル #14 殺しのプレリュード ~ショパン 「24の前奏曲」 | トップページ | 『バルトーク 民謡を「発見」した辺境の作曲家』(伊東信宏著 中公新書1370) »