« 都電荒川線に乗る | トップページ | エスクァイア日本版 2009年1月号「指揮者のチカラ。」 »

2008年11月25日 (火)

2007年のBeaujolais を 2008年解禁日の翌日に飲む

このブログでも2005年、2006年はボジョレ(ボージョレ、ボジョレー、ボージョレー)・ヌーヴォーを飲んだことを書いたが、2007年は記録がない。昨年は飲まなかったのかも知れないし、記憶がはっきりしないが、塩尻か甲州の新酒を飲んだような気もする。

Pb250517_3 今年は不景気で先行きが不安なこともあり、2000円を越えるボージョレ・ヌーヴォーの値段を見て高いなと思い、11月20日の木曜日は購入しなかった。

それでも多少後ろ髪を引かれる思いでいたところ、翌日11/21の金曜日に某スーパーマーケットの酒類売り場に、ヌーヴォーではないボージョレが珍しく陳列されていて、Beaujolais Nouveau としては有名な Georges Dubœuf の2007年ものがVillageが1400円ほど、普通のが1000円弱で売られていた(ラベルを見たらサントリーの輸入)。

ボジョレーのヌーヴォーではないのというのは初めてだが、安い方を試しに購入して飲んでみた。

フランスワインを飲むときは、ボルドーの方が多いが、ブルゴーニュらしい爽やかな風味が感じられた。ただ、これでもやはり普通のボルドーに比べると高い感じがした。

|

« 都電荒川線に乗る | トップページ | エスクァイア日本版 2009年1月号「指揮者のチカラ。」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

生活・レジャー」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/43223684

この記事へのトラックバック一覧です: 2007年のBeaujolais を 2008年解禁日の翌日に飲む:

« 都電荒川線に乗る | トップページ | エスクァイア日本版 2009年1月号「指揮者のチカラ。」 »