« フィギュアスケート 全日本選手権2008 長野ビッグハット 男女SP | トップページ | ようやく年賀状を作成・投函とNHK教育テレビ放送停止 »

2008年12月27日 (土)

全日本フィギュア2008 女子シングル 浅田真央三連覇、村主2位、安藤3位

上位6人の世界的なレベルの女性スケーター達の華麗な戦いは意外な結果が待っていた。

前日のSPで苦杯をなめた鈴木明子が、最終グループのトップでリンクに立った。これから始まるハイレベルの戦いの幕開けだった。前日の失敗が信じられないほどの集中力でジャンプはほとんどノーミス、多くの要素も確実に美しく決めて、素晴らしい出来だった。この時点でダントツの1位。長久保コーチ(荒川静香のコーチだった人)と感激のハグ。

続いて、全日本の優勝回数5回を誇る大ベテランの村主章枝(すぐりふみえ)。競技前の練習で、同じモロゾフコーチに師事する安藤美姫(あんどうみき)と接触して、安藤がダメージを負った様子で、少し幸先悪い雰囲気となっていたし、鈴木の素晴らしい演技で巻き起こったスタンディング・オヴェイションの余韻が冷め切らないうちに村主の演技はスタートした。ここ数シーズン、浅田、安藤、中野の三人娘の後塵を拝してきたが、モロゾフに師事したおかげか、ジャンプの質が向上し、ハラハラする場面はあったが、どのジャンプも何とかこらえ切り、最後まで集中したミスのほとんどない演技は、全盛期の村主を思わせるものだった。観客も大歓声で、FSの得点は何と120点台という高いもので、ここで鈴木を抜き1位に立った。モロゾフは、安藤の様子を気遣って、リンクサイドにいなかったが、村主会心の演技だった。

三番手は、前日のSPで首位に立った中野友加里。観客にも初優勝がちらついたが、そのためやはり無心の演技ができなかったのか、SPでのミスしそうもない集中しきった演技とは異なり少し不安定にジゼルが始り、いくつものジャンプでミスが連続してしまった。晴れやかな笑顔のスパイラルなどやトレードマークのドーナツスピンは素晴らしかったものの、ジャンプのミスが大きく響き、表情は晴れない。佐藤コーチも慰めようがない雰囲気で、この時点で何と三位という番狂わせ。初優勝の夢は潰え、世界選手権代表の座も危うくなってしまった。SP首位の持つ重圧!

四番手は、右足首に故障を抱えながら溌剌と滑った武田奈也(たけだなな)が、白鳥の湖を白黒の華やかなコスチュームで滑りきった。やはり本調子ではなかったのだろう、上位選手と比較しては、技の切れや難度などで見劣りした部分はあったが、晴れやかな表情と伸び伸びとした演技は、素晴らしいものだった。この時点で4位。

ラスト二人は、安藤美姫(あんどうみき)と浅田真央(あさだまお)の二人の世界チャンピオン(2007, 2008世界選手権優勝者)の演技。

故障の多い安藤だが、またしても直前の接触という不運に見舞われて、どうも右足を強く打ってしまっていたらしい。さすがに四回転には挑まなかったが、序盤のジャンプは切れのある回転と着氷は素晴らしいもので、ここまでの調子のよさが窺がわれたのだが、足の痛みのためか後半のジャンプでの転倒などもあり、村主をかわせず、この時点で第2位。それでも、前回のグランプル・ファイナルの時よりも、SP, FSともよい出来で、今回の故障の影響が少なければ、今後にも期待できそうな様子だった。

そして、最後に浅田真央が登場。直前の練習から5人×5分として25分も経過しており、さすがの浅田でもここまで緊張感と身体の切れを保つのは大変かと思っていた。リンクに入る直前の表情は、グランプリファイナルの時よりも緊張していて、表情から読み取れる(ような気がしている)演技の出来栄えが心配になるほどだったが、大ヒットとなって耳馴染みとなったアラム・ハチャトゥリアンの『仮面舞踏会』のワルツに乗って、出だしから華麗なジャンプを決め、その後はどんどん演技に引き込まれていった。トリプルアクセル2回は前回のGPFで自信になったようで、今回もいい出来だと思った(その後の解説で2回目が回転不足だったようだが)。途中、三回転がスッポヌケで一回転になったが、その後のトリプル・トリプルは久しぶりにきちんと決まって、この時点でほぼ優勝が決まったかと思われた。観衆も大歓声で、女王の演技を讃えた。

結果として、浅田が1位となり、全日本フィギュア三連覇の偉業を達成したが、フリー・スケーティングの得点では、村主の120点台に続く、117点という浅田にしては比較的低い点数で、SPと合わせての得点差はたった2点しかなかったほどだった。安心して見ていられる浅田だが、難度の高い技に挑むこともあって、僅かな回転不足などがダウングレードという罠に嵌り、得点を予想外に下げていたらしい(公式スコアを見ると、あれだけの難度の高い技の連続だった浅田のTotal Element Score が 54点台で、村主の62、鈴木の59、武田の54と比べていかに低いかが分かる。Base Value という基礎点もどうも納得がいかない。やはりこの得点方式自体、相当の欠陥があるように思えた)。

ただ、それだけベテラン村主の復活のレベルアップはすごいものだった。この後は、四大陸選手権、そしてアメリカでの世界選手権と連戦が続き、大変だと思うが、どの選手も故障せずにがんばってもらいたい。

男子は、織田が1位で文句のない初優勝、2位がホープの小塚、3位がこれからが楽しみの高校生無良(むら)だった。

p.s. 午前中、古いビデオテープを整理していたら トリノオリンピック2006の女子フィギュアスケート フリースケーティングのLIVE放送(NHK)を録画したものが出てきて少し見たら、やめられなくなり、安藤、村主、そして金メダルの荒川静香の演技を久しぶりにみることができた。サーシャ・コーエン、イリーナ・スルツカヤなどの今となっては懐かしい顔ぶれに加えて、ジョアニー・ロシェットや、コストナーなど、現在世界のトップクラスに名を連ねている選手達の滑りも見ることができた。その中、荒川の滑りは本当にオーラがあるほど完璧なものだった。観客が演技途中から立ち上がって拍手を贈ったのも無理からぬほどの出来で、ジャンプのレベルなどでは現在の選手達には劣るだろうが、伸びやかな手足の隅々まで神経の行き届いた繊細さ、姿勢のすっきりとした品格の高さ、余裕のある技術など、まさに女王の滑りだった。

追記:今回の選手権について検索していたところ、昨今のフィギュアスケートの採点法の問題点に鋭く切り込んだ非常に詳しいBLOG Mizumizuのライフスタイル・ブログ を見つけた。とてもためになる。回転不足判定によるダウングレード判定が、少し恣意的に運用されているらしいこと。またWRONG EDGE判定が急に厳しくなったことで、多くの選手達のジャンプが急に乱れてしまったことなど。制度のドラスティックな変更が、実際の状況にこれほど具体的に目に見えるような形で影響を及ぼすという事例として、フィギュアスケートの採点法の変更は記録されるかも知れない。

追記: おかしなフィギュアスケートの採点をなんとかしたい! という WEB署名が上記Mizumizuさんのブログで紹介されていました。私も、早速、署名しました。趣旨に御賛同いただける方は是非お願いします。これほど盛況になっているフィギュアスケート競技をより公正なものにするための活動だと信じています。

|

« フィギュアスケート 全日本選手権2008 長野ビッグハット 男女SP | トップページ | ようやく年賀状を作成・投函とNHK教育テレビ放送停止 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
この人のブログ単なる根拠なしの言いがかりですよ。妄想だけで証拠はひとつも提示してない。

投稿: mizumiuって。 | 2008年12月29日 (月) 14:50

2008年12月29日 (月) 14:50のコメンターさん。初めまして。

いやー、複雑怪奇なフィギュアスケートの採点に関してここまで詳しい解説はなかなか読めないですよ。プロトコルの分析から得られる推論や結論が自分の印象とは異なることはありました(村主選手の記事など)が、「妄想だけで証拠はなし」というのは、いかがなものかと思いますよ。もし素人にとっても、もっと参考になるブログやサイトを御存知なら御教示ください。よろしく。

投稿: 望 岳人 | 2008年12月29日 (月) 18:09

はじめまして。私も少し前からMizumizuさんのブログの愛読者です。良く調べてあるし冷静に物事を見ていますよね。こんなためになるブログがあって良かったな~って思います。

それにしても素晴らしい日本人スケート選手たち、さまざまな問題を克服して世界で活躍してほしいです。

投稿: Yuka | 2008年12月30日 (火) 09:37

Yukaさん コメントありがとうございます。素晴らしい選手達を応援したいですね。

投稿: 望 岳人 | 2009年1月 2日 (金) 12:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/43547910

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本フィギュア2008 女子シングル 浅田真央三連覇、村主2位、安藤3位:

« フィギュアスケート 全日本選手権2008 長野ビッグハット 男女SP | トップページ | ようやく年賀状を作成・投函とNHK教育テレビ放送停止 »