« 明けましておめでとうございます | トップページ | 正月の駅伝と『風が強く吹いている』 »

2009年1月 4日 (日)

年末から年始に掛けての身近な山々の様子

Pc270680真白き富士の嶺(2008年末) 自宅より 13倍ズーム
 

Pc270684大山の山頂部(2008年末) 自宅より 13倍ズーム

Pc270681 大山(左)と富士山(右)の山頂部(2008年末) 自宅より 1倍


P1010023新春の浅間山 帰省先より 3倍ズーム


P1030767新春の上信国境の山の樹氷 帰省先より 7-13倍ズーム


P1030770

 戸隠山 西岳の新雪 帰省先より 13倍ズーム


7倍-13倍望遠を駆使?して、雪山を撮影して見ました。クリックで拡大します。

|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 正月の駅伝と『風が強く吹いている』 »

生活・レジャー」カテゴリの記事

コメント

ご自宅から、富士山が見えるのですね(^o^)/wa-o!
当方も、盆地ですので周囲が山に囲まれ、現在は有名無名の白い山々が連なっております。昨年は、コメント、トラックバックをありがとうございました。今年もよろしくお願いします。

投稿: narkejp | 2009年1月 7日 (水) 21:21

narkejpさん、コメントありがとうございます。

こちらこそ、コメント、トラックバックをいただきありがとうございました。本年もよろしくお願いします。

自宅近辺は、丘と谷が入り組んだ谷地(ヤチとかヤツとかいう南関東によくある地形です。鎌倉には扇ケ谷とかいう地名もあります)ですので、富士山は、丘陵にさえぎられて、ご覧の通り3500m?より上の部分がほんのちょっと見える程度です。冬には落語の大山詣での大山など周囲の山々にはほとんど雪がないほどで、富士山の雪化粧が鮮やかに見えます。私の故郷信州でも冬は雪山の景色が当たり前ですので、今回の帰省ではその眺めを堪能してきました。

山形県といえば、大河ドラマ「天地人」の最後には米沢も登場するようで楽しみですね。藤沢周平の『密謀』を読み直しているところですbook

投稿: 望 岳人 | 2009年1月 7日 (水) 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/43641350

この記事へのトラックバック一覧です: 年末から年始に掛けての身近な山々の様子:

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 正月の駅伝と『風が強く吹いている』 »