« グールドのモーツァルト ピアノ・ソナタ集 | トップページ | 『天地人』下巻をようやく読了 »

2009年2月18日 (水)

中川財務大臣の辞任とクリントンUSA国務長官の来日

「なぜ、就任初の外国歴訪の最初の訪問国に日本を選んだのか?」 「日本は(USAにとって)世界で最も重要な国の一つだから」 という問答が、ヒラリー・クリントン国務長官の来日ではあったらしい。確かに、経済面では、有り余っていた外貨を米国投資に向け、米国のバブリーな繁栄を支えていたのは日本だったし、極東アジアという国際政治上不安定要因を重ね持つ国々の中では唯一「比較的」安定しており、強大な在日米軍の駐留を「国民の多く」ではなく、政府が歓迎しているのは日本だけだからだろう。

ちょうどそんなおり、日本の財務大臣が、ローマで行われた財務大臣会議で、リスク管理という意識がまったく欠けた言動をはしなくも全世界向けのテレビの前でさらしてしまい、とうとう辞任に追い込まれた。これによって、クリントン長官の上記のような意気込みに満ちた来日もすっかりかすんでしまい、米国政府筋は麻生政権の今後に見切りを付けたかのように、日本国民向けのメッセージを発するパフォーマンスに切り替えたようだという。

中川前大臣のかつての酒癖はともかく、幕末の幕府使節の欧州諸国訪問ではあるまいし、あのような失態を、外国とはいえ多くの情報が世界中をあっという間に駆け巡る現代において開陳してしまうというというのは、陰謀説好きの人が一種の陰謀ではないかと憶測を立ててまで庇おうとするのも無理からぬほどの醜態だった。政治家にとっての健康への疑念が、政治生命に関るものであることは否定できないが、実際に服薬の影響で体調が悪いのなら、まず最初に一言断りを入れるべきではなかったのではなかろうか?お付の財務省のお役人のマネージメント能力も非常にお寒いもので、これでは日本には期待できないというムードが全世界に広まってしまった。単なる政治家個人の問題ではなく、このマイナスイメージのばら撒きは影響が根深く残るのではあるまいか?

|

« グールドのモーツァルト ピアノ・ソナタ集 | トップページ | 『天地人』下巻をようやく読了 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/44104908

この記事へのトラックバック一覧です: 中川財務大臣の辞任とクリントンUSA国務長官の来日:

« グールドのモーツァルト ピアノ・ソナタ集 | トップページ | 『天地人』下巻をようやく読了 »