« 民主党小沢一郎代表の公設第一秘書の逮捕に思う | トップページ | シェークスピアの生前の肖像画?が発見 »

2009年3月 5日 (木)

久しぶりの晴天にシューマンの交響曲第1番を聴く

Robert Schumann (1810-1856)
Symphony No.1 in B flat major, Op.38, "Frühling"
 1. Andante un poco maestoso - Allegro molt vivace 11:35
 2. Larghetto 7:37
 3. Scherzo: Molto vivace 5:48
 4. Allegro animato e grazioso 9:55
  Rafael Kubelik / Symphonie-Orchester des Bayerischen Rundfunks
    Recorded: May 1979, Herculessaal, München

手持ちのシューマンのCDをほぼiTunesへ取り込み終わった。ケンプの『子どもの情景』は、Decca Piano Masterworks にも収録されていたので、ダブりになるが、それもカウントしてちょうど1日(24時間)ほどになる。

iTunesの名前を並べ替えという項目に、たとえば上記の交響曲『春』の第一楽章ならば、Schumann038-01 というように入力しておき、シューマンのスマートプレイリストで、その項目でソートする(というのもiTunesで取得できる名前が同じ曲でも表記が様々なため簡単にソートできない)と、一応作品番号順に簡単に並べることができる。それによって、シューマン独特の一つのジャンルを集中的に作曲するという習癖を容易に確かめることができて面白い。

交響曲は、クーベリックがバイエルン放送交響楽団と録音した全集でほぼ満足してしまい、自分としても意外だが同曲異演盤を保有していない。また、結構愛好しているとか自分でも思い込んでいながら、これまでシューマンの交響曲をこのブログの記事に取り上げていなかったようだ。

さて、久しぶりに朝から晴れ上がり、ようやく春の訪れを感じられるようになってきた。ただ、2月に咲いた梅は、風雨と雪に叩かれて散ってしまったものも多く、野辺の雑草もまだ身をかがめているようで、緑色の若芽の姿はほとんど見ることができない。

この「春の交響曲」と呼ばれる作品だが、シューマンは当初 第1楽章 - 春の始まり、第2楽章 - 夕べ、第3楽章 - 楽しい遊び、第4楽章 - たけなわの春 というような表題を付けていたが、その後取り外したという。したがって作曲家の意志を尊重するのなら、『春』と呼ぶのは適当ではないのだろうが、それでも作曲家のインスピレーションが季節の『春』から来ているというのは疑いようのないことなので、それによることはあながち間違いではないだろう。

関東の春は、冬の寒さがそれほどでなく、快晴の日々が多いので、北国や山国ほど春の訪れを心待ちにするということが少ないように思う。それでも一進一退する季節の進みを感じるのは、精神的、肉体的には結構しんどいものがあるが、春の闌(たけなわ)が待ち遠しい。

信州の高冷地や北海道では、ちょうどヨーロッパの春と同じように、4月の終りから5月にかけて木の花では梅や杏や桜、草花では木の間に片栗や水芭蕉が一斉に咲き始め、それこそ生命の爆発のように劇的に景色が一変するという趣がある。シューマンの『春』の最初のファンファーレは、そのような春の開始を告げるもののように聞こえる。

クーベリック指揮のこの録音は、定評のあるもので、錯綜したシューマンのオーケストレーション(鳴りがよくないからと言って決して下手とは言えないとおもうのだが)を解きほぐし、特に対抗配置のヴァイオリンが効果があると思うが、比較的明快な音楽として提示してくれる傾向があると思う(あまり聴き比べをしていないので、断定的なことは言えないが)。

ただ、同じ春を題材にしている作品としては、シューマンの場合、よりデリケートで美しい歌曲集『詩人の恋』の第一曲"Im wunderschönen Monat Mai" (直訳すると、「驚異的に美しい月、五月に」 となる)があるので、少々この交響曲の場合、無理してスケールを大きくしたという作りの粗さが感じられることもある。確かに春は美しいだけでなく、乾燥し、強風が砂埃を舞い上がらせて埃っぽい季節でもあるのだが。

|

« 民主党小沢一郎代表の公設第一秘書の逮捕に思う | トップページ | シェークスピアの生前の肖像画?が発見 »

ディスク音楽01 オーケストラ 」カテゴリの記事

コメント

どうもごぶさたしています。

「シューマンの交響曲第1番」を見かけたので
久しぶりコメントさせていただきました。
私の方は昔から苦手だったヴァイオリン協奏曲に何故かハマってしまい
最近、20世紀以降の作品をあれこれ聞きかじっているところです。
なので「ヴァイオリニストの勢力図の変化?」とか
おもしろく読ませていただきました。
また来ま~す。

投稿: BlogOut | 2009年3月21日 (土) 14:23

BlogOutさん、今晩は。コメントありがとうございます。

iTunesサーバーの記事、ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番の聴き比べの記事など感心しながら拝読しております。

ヴァイオリニストの勢力図については、単なる思い付きに過ぎないのですが、私の若い頃全盛だったスターン、パールマン、ズーカーマンの名前を最近ほとんど耳にせず、若い女性ヴァイオリニストの記事を商業的、個人的を問わず最近のネットではよく見かけますね。

ただ、彼女達の実力は、いわゆるピンナップガール(古い言葉です)的なジャケ買いの対象に留まらず(LPとは違いピンナップ的なアピール力は少ないですけれど)、その音楽が面白いとか個性的とかユニークであるというよりも、よく弾けているという感が強いものが多いような気がしています。ヴァイオリニストの世界では、伝説のヌヴーなどに始まり、女流ヴァイオリニストの活躍は20世紀でも特筆すべきでしたが、21世紀の今日第一線のヴィオリニストの多くが女性というのは結構すごいことですね。

投稿: 望 岳人 | 2009年3月22日 (日) 19:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/44254866

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの晴天にシューマンの交響曲第1番を聴く:

» シューマン 交響曲第1番「春」/ムーティ&ニュー・フィルハーモニアO [Blogout]
 本日、出張帰りにショップで購入してきたアルバムである。私がムーティのアルバムで最初に聴いたのは、確かフィラデルフィアとの「ローマ三部作」だったと思うけど、このアルバムは更に遡って、彼がデビューしたての頃、つまり70年代終盤の頃に作った全集である。このアルバムが当時どういう評価を得ていたのか、私は全く覚えていないけれど、おそらくフィラデルフィアの常任就任への伏線としての、昇り調子だったフィルハーモニア時代ということもあり、きっと高い評価を得ていたに違いない。デビュー直後のムーティは、その直線的でフレ... [続きを読む]

受信: 2009年3月21日 (土) 14:10

» シューマン 交響曲全集/セル&クリーブランド管弦楽団 [Blogout]
 これもマリナーの全集と同時に購入したもので(他にサヴァリッシュ)、セルとクリーブランドによるシューマン交響曲全集である。このコンビによるシューマンは昔から定番のひとつとして有名だが、1,2,3番と聴いてきて、今、3番を聴いているところだが、その圧倒的な素晴らしさに感服した。とにかくなにかと晦渋で、時に聴きどころが一体何処にあるのかわからなくなるようなところがないでもない、これらの作品群をまるで疑問の余地のない名曲として演奏しているというか、聴かせてしまうのだ。  テンポは総体的には「もの凄く早い... [続きを読む]

受信: 2009年3月21日 (土) 14:12

» シューマン 交響曲全集/ジンマン&チューリッヒ・トーンハーレO [Blogout]
 ここ2,3ヶ月くらい頻繁に聴いているアルバムである。去年クラシック音楽を聴いて、個人的に一番うれしかった出来事といえば、なにげなく聴いてみたシューマンの4つの交響曲(いずれもNaxos盤)が思いのほか楽しめたのをきっかけにして、その後、ムーティ、インバル、マリナー、バーンスタイン、ロジェストヴェンスキー、コンヴィチュニー、サヴァリッシュと様々な指揮者とオーケストラの演奏を聴き、演奏の聴き比べ、シューマンの4つの交響曲をぐっと身近なものに出来たことだったと思う。大体、人間も40代後半ともなれば、趣味... [続きを読む]

受信: 2009年3月21日 (土) 14:15

« 民主党小沢一郎代表の公設第一秘書の逮捕に思う | トップページ | シェークスピアの生前の肖像画?が発見 »