« まだ続けているiTunesへの取り込み | トップページ | 佐藤優(まさる)『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮文庫) »

2009年4月22日 (水)

You Tube で話題の47歳のアマチュア歌手を聴く

各方面であまりに話題になるので、You Tube で、スーザン・ボイルで検索してみたところ沢山の動画がアップされていて何がなんだか分からなかったが、7分という時間表示のを選んで聴いてみた。

日本でも昔のテレビがやっていた「スター誕生」のような素人喉自慢的な番組で、UK(英国)の番組の一部のようだ。日付としては、2009年4月11日となっていたが、これはアップロードの日付か、番組放映日のものか?

アップされている動画は既にこの女性の出番の前の裏舞台からの様子も、歌い終わって舞台裏に引っ込んでからもうまくつなげているので、放映されたものをそのまま録画してYou Tube化したのではないように思うが、前評判通りなかなか興味をそそる作り方になっていた。

動画としては前後のやり取りも面白く、それがやらせ疑惑にもつながっているのだろうが、この女性の伸び伸びとして微妙にハスキーがかった豊かな歌声はまさに聴きものだった。いわゆるベルカント的な発声ではなく、ミュージカル『レ・ミゼラブル』のナンバーを歌ったように、地声的、ポピュラー音楽的な発声だが、心に染み入る声質とでもいうのか、まず声の質に魅力を感じた。マイクロフォン、PAを使っているのだが、それでも豊かな声量のようで、フレーズも長く、声の表情の変化も素晴らしかった。

もうすぐ48歳の独身女性で、12の時から歌を始め、プロの歌手を目指していたという。これだけの歌い手でもこれまでの年月埋もれていたというのは、広い世界ではありうることだとは思うが、それが、このようにして世界中の人々にあっという間に知られるようになるというのも、今の世の中ゆえだろう。「一夜明けたら有名人」を地で行った動画だった。

ただ、この美声が簡単に「消費」され、使い捨てられないようになることを祈りたい。

|

« まだ続けているiTunesへの取り込み | トップページ | 佐藤優(まさる)『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮文庫) »

テクノロジー」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/44757922

この記事へのトラックバック一覧です: You Tube で話題の47歳のアマチュア歌手を聴く:

« まだ続けているiTunesへの取り込み | トップページ | 佐藤優(まさる)『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』(新潮文庫) »