« ミステリーを幾冊か | トップページ | フランス系の交響曲を続けて聴いてみようと思う »

2010年2月10日 (水)

メタボ 腹囲基準根拠がゆらいでいるらしい

昨晩付けのニュースメタボ健診:腹囲基準根拠ゆらぐ 3万人データ解析で 2010年2月9日 21時9分 更新:2月9日 21時22分 毎日新聞  を読んで、2009年3月 2日 (月) メタボリックシンドロームの基準は適正なのだろうか? という記事を昨年の3月に書いたのを思い出した。ようやく後追いの記事が一年越しで付いたという感じだ。

("あらたにす"を見ると朝日新聞は今回はこの件をまったく報道していないようだ。ただ、朝日コムでは、2009年10月に やせてても「メタボ」 国際組織が新たな基準という解説記事が載っている。)

実際、自分で腹囲をメタボ基準以上だったのを基準以下に減らしてみて、成人病の基本的な項目、血圧、コレステロール・脂肪、肝機能などの数値が軒並み「正常値」に入ったので、減量することにはそれなりの効果があったことは認めるにはやぶさかではないが、腹囲が大きくても、小さくても、それよりも上記のような検査項目の異常値を計測する方が、成人病、生活習慣病のリスクを判定する指標としてはよほど有用なのではあるまいか?腹囲だけが一人歩きしたのはやはりおかしかったと思う。

|

« ミステリーを幾冊か | トップページ | フランス系の交響曲を続けて聴いてみようと思う »

サイエンス」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/47524761

この記事へのトラックバック一覧です: メタボ 腹囲基準根拠がゆらいでいるらしい:

« ミステリーを幾冊か | トップページ | フランス系の交響曲を続けて聴いてみようと思う »