« 鬱憤が溜まった日本と韓国 | トップページ | One Piece 初版300万部 発行の驚異 »

2010年3月 3日 (水)

ジュリアードカルテットのスメタナ『わが生涯から』

Dvorsak_smetana_juilliardq

ベドルージハ・スメタナ Bedřich Smetana (1824-1884)
弦楽四重奏曲第1番ホ短調「わが生涯から」 (作曲1876年)
Smetana: String Quartet No.1 in E minor "From My Life"
 - 1. Allegro vivo appassionato  8:03
 - 2. Allegro moderato ala polka  5:39
 - 3. Largo sostenuto 9:27
 - 4. Vivace  6:19
ジュリアード四重奏団
    The Juilliard Quartet (Robert Mann, Earl Carlyss, Raphael Hillyer, Claus Adams)
  Recorded on: January 4, 5, 18 & 19, 1968
  (CBS SONY 22DC 5568  丸C1989)

スメタナの著名な弦楽四重奏曲で、私がFM放送を友としていた高校、大学時代にはよく聴く機会があった曲だが、これまで音盤的には縁ががなく、ようやく最近中古CDでジュリアードカルテットの演奏によるドヴォルザークの「アメリカ」とのカップリングを求めることができた。

悲劇的なスメタナの人生を反映した曲ではあるが、必ずしも標題音楽的に聴かなくてはならないというわけではなく、古典的な楽章構成をもつ比較的聴き易い平明な音楽だと感じる。といっても、つい標題音楽的に聞こうとしてしまうのだが。

スメタナは、ベートーヴェンがそうであったように、この曲の作曲前というから50歳ごろには耳の病に悩み、それがこの曲を生み出す動機だったようだ。

第1楽章は、ホ短調の悲劇的な幕開けを思わせる動機で幕を開くが、しばらくすると長調で穏やかで美しいメロディーが奏でられる。この二つの主題による典型的なソナタ形式で、展開部は第1楽章の動機が主に展開される。ピチカートで余韻を残して終結。

第2楽章は、一転しておどけた感じの楽想で始り、民族舞踊的な楽想がそれに続く。発想表示に、ポルカと書かれているので、ボヘミアの出身スメタナのノスタルジーであろうか?ただ、中間部(トリオ?)は和声的に不安定に聞こえる部分も登場し、意味深な雰囲気だ。

第3楽章は、ラルゴ・ソステヌート。チェロのレチタティーヴォ風のモノローグから始る昔話のような雰囲気の音楽。主調は長調だが、ソステヌートというだけありたっぷりと伸びた息の長いメロディーとたっぷりとした和音の響きが聞こえる。そして、美しい響きが次第に悲劇的な曲調に遷っていく。これが収まると、今度はピチカートを伴ったヴァイオリンの憧れに満ちたメロディーが流れ出すが、重音による重厚な響きで邪魔され、再度穏やかなメロディーが戻ってくる。幸福な日々への追憶だろうか?

第4楽章は、民族音楽的な活発なリズムで始り、民謡風のご機嫌な音楽が奏でられる。ここはまったく悲劇味は感じられない。しかし、この陽気な音楽の途中、耳鳴りの音がヴァイオリンによる高音で始まり、第1楽章冒頭の悲劇的な雰囲気が戻ってきて、続いて第3楽章の穏やかな音楽も回顧されるように登場し、静かに曲を閉じる。

スメタナのこの第1番のほかの四重奏曲は聴いたことがない。しかし、今回改めてこの第1番をじっくり聴いてみて、堪能できた。

|

« 鬱憤が溜まった日本と韓国 | トップページ | One Piece 初版300万部 発行の驚異 »

ディスク音楽03 アンサンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/47536044

この記事へのトラックバック一覧です: ジュリアードカルテットのスメタナ『わが生涯から』:

« 鬱憤が溜まった日本と韓国 | トップページ | One Piece 初版300万部 発行の驚異 »