« 太陽が冬眠する? | トップページ | 昨日は彼岸の中日 春分の日 前日は春の嵐 »

2010年3月21日 (日)

リスト ハンガリー狂詩曲第2番(ピアノ独奏原曲)とオーケストラ編曲

リスト ハンガリー狂詩曲第2番を聴いてみた。

ピアノ独奏原曲については、第2番嬰ハ短調ということで問題ないのだが、よく聴かれるオーケストラ用の編曲には3種類があるようだ。

これほどの有名曲ながら、編曲者や番号(管弦楽版の第2番か4番か)、調性(ハ短調、嬰ハ短調、ニ短調)については、音盤などの表記上の混乱があるようだ。Naxos Music Libraryでも混乱しているようだ。

また、クラシックデータ資料館 では、下記のようになっており、管弦楽版の第2番の原曲は本来はピアノ用の原曲第12番だが、管弦楽用の第4番が原曲第2番との関係で通常第2番とされるとなっている。

18-11 ハンガリー狂詩曲(Rapsodie hongroise)S.359[Orch][6曲]〔←S.244〕
18-11-1 ハンガリー狂詩曲第1番ヘ短調S.359-1[Orch](p原曲第14番ヘ短調)〔←S.244-14〕
18-11-2 ハンガリー狂詩曲第2番ニ短調S.359-2[Orch](p原曲第12番嬰ハ短調)〔←S.244-12〕
18-11-3 ハンガリー狂詩曲第3番ニ長調S.359-3[Orch](p原曲第6番変ニ長調)〔←S.244-6〕
18-11-4 ハンガリー狂詩曲第4番ニ短調S.359-4[Orch](p原曲第2番嬰ハ短調)〔※通常第2番で知られる、←S.244-2〕
18-11-5 ハンガリー狂詩曲第5番ホ短調S.359-5「悲愴的な叙事詩」[Orch](p原曲第5番ホ短調)〔←S.244-5〕
18-11-6 ハンガリー狂詩曲第6番ニ長調「ペストの謝肉祭」[Orch](p原曲第9番変ホ長調)〔←S.244-9〕

そこで手持ちの音源を聞き比べて整理してみた。

◎ピアノ独奏用

Liszt: Hungarian Rhapsody #2 In C Sharp Minor, S 244/2
   György Cziffra 〔1956〕 10:17
  Roberto Szidon〔1972〕 9:14
  フジ子ヘミング(Ingrid Fuzjko Hemming)〔1999〕 9:29

  (IMSLPによるとリストによるカデンツァ付きもある)

◎オーケストラ用:

(1)ミュラー・ベルクハウス版 ハ短調 カラヤン/BPO

○Liszt: Hungarian Rhapsody No.2 in C sharp minor S.359-4 (Orchestrated by Liszt & Doppler, Piano original: S.244-2 in C sharp minor) 

  Herbert von Karajan / Berliner Philharmoniker 〔1967〕 11:23

Karajan_liszt

このCDの解説者の福本健一という評論家は、この音盤の録音をリスト=ドップラーの編曲とみなしている。それに基づき、私のiTunesの表記はリストとドップラー版で嬰ハ短調となっていた。以前から聴いているのでこの演奏が一番耳に親しい。

ところが、今回よく聴いてみて、ピアノ版のいくつかと比較して聴いていみると、冒頭の弦楽合奏の音が違う。ピアノで確認してみるとハの音なので、ハ短調であることは確かだ。調性だけをみると Karl Müller-Berghaus 版なのだろうが、スコアが確認できないため、確信はない。

この版の方が以下の(2)より原曲の装飾音符にも忠実で、オーケストレーションが華やかで、より聴き応えがある。

なお、ミュラー=ベルクハウスという人物は二重姓のようだが、Karl Müller-Berghaus で検索をしてみても適当な項目がヒットしない。ノイマン/ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管(テルデック)のこの曲には明瞭にミュラー=ベルクハウスがアレンジャーだと謳われているようだ。

(2)リスト編曲/ドップラー協力編曲版(一般的にはドップラー単独編曲版) ニ短調 シノーポリ/VPO

○Liszt: Hungarian Rhapsody No.2 in D minor (S 359, No.4) (Orchestrated by Doppler, Orignal: #2 in C sharp minor, S 244/2) 

  Giuseppe Sinopoli / Wiener Philharmoniker  〔1996〕12:22

IMSLPのニ短調のパート譜をみるとどうやらこの録音が使っている楽譜らしい。 特徴的なのは、原曲を半音上げている(フラット一つ)こと。開始がトランペットであること。この編曲は、初めてこのシノーポリ版で聴き、それまで耳に馴染んでいたカラヤン/BPO版との違いに戸惑った(自分のホームページ)。

IMSLPでの記述: S.359/4ではなく、S.359/1となっているのが不思議だ。また、共同編曲者のドップラーだが、備考ではドップラーの編曲への貢献の正確な性質についての議論があるとされているのも気になる。

For Orchestra (Liszt/Doppler, S.359/1)  Originally published as Hungarian Rhapsody [for Orchestra] No.2

編集者: Franz Doppler (1821-1883), co-orchestrator 出版社情報: Leipzig: J. Schuberth & Co., n.d.(ca.1875) 著作権: Public Domain 備考:There is some dispute about the exact nature of Dopppler's alleged contribution. These files are part of the Orchestra Parts Project.

(3)リスト&ドップラー版(嬰ハ短調?)

Naxsos Music Library でもあたってみたが、こちらは聴くことができなかった。作品表でも、ハンガリー狂詩曲第4番ニ短調S.359-4[Orch](p原曲第2番)〔※通常第2番で知られる、←S.244-2〕となっているので、この相違がよく理解できない。

参考リンク: リスト

「第2番S359-4」にはリスト&ドップラー版(嬰ハ短調)の他に、ドップラーが単独で編曲した版(ニ短調)、ミュラー・ベルクハウス版(ハ短調)。有名なこちらのサイトもこの問題に触れており、また参考音盤も沢山あげられているが、カラヤン盤がリスト&ドップラー版とされている。

果たして、オーケストラ編曲は3種類あるのだろうか? ドップラー単独編曲というのがあるのか?

Wikipedia English ではこの曲の項目が立てられており、ドップラーと協力した編曲のことは書かれている。

Composed in 1847 and dedicated to Count László Teleki, Hungarian Rhapsody No. 2 was first published as a piano solo in 1851 by Senff and Ricordi.

Its immediate success and popularity on the concert stage soon led to an orchestrated version, arranged by the composer in collaboration with Franz Doppler, and published by Schuberth.

この記述によると、上記(2)の出版社は Schuberthであるのは合っているが、出版の時期が1875年ごろとされているので、1847年に作曲されて好評につき直ぐにオーケストレーションが行われたという記述と食い違うようなので、一層混乱に拍車が掛かるような感じだ。

追記:

嬰ハ音で始まる編曲をYoutubeで見つけた。残念ながら演奏者情報はなし。編曲は(1)と似た感じだが、嬰ハ音という点からこれが上記の(3)の編曲にあたるものだろうか?


以下のYoutubeが(1)のハ音で始まる編曲で上記のカラヤン盤と同じ編曲。ミュラー=ベルクハウス版。ドラティ指揮のロンドン響。画面には "in D minor" となっているが、in C minor の間違い。


ハ音で始まる編曲だが、冒頭が金管楽器で奏でられるなど(1)とは異なるし、(2)のニ短調のトランペットで始る編曲とも異なるもの。演奏者などの情報はなし。疑問が増えた感じだ。

(2)の編曲は今のところYoutube上では見つかっていない。

追記:2012/04/22
アクセスを見ると この記事を見ていただいたようだが、そのリンク元がどうやらこれらしく、少々複雑な気分だ。

ところで、この記事を書いた後、音楽関係のブログのリンクを張らせてもらっている アマオケホルン吹きの音盤中毒日記 さんに 2007年9月 9日 (日) リスト、ハンガリー狂詩曲オケ版の混乱という充実した内容の記事があったのを見つけていたので、こちらを参照されることをお勧めしたい。

その後少し調べてみたが、ミュラー=ベルクハウス版のポケットスコアは、全音から出ているようだ。
http://www.zen-on.co.jp/disp/CSfLastGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=23031

リストの代表的な名曲《ハンガリー狂詩曲第2番》の管弦楽版スコアです。
弦楽器の深いユニゾンの音で始まるこのミュラー=ベルクハウス編曲版は、カラヤン、ストコフスキーなど往年の著名な指揮者たちが使った演奏効果の高い大変魅力的な編曲です。
これまで耳にする機会が多くても編曲者の実体を含めて謎の多かったこの編曲版が、詳しい解説を伴い、整理された新しいスコアで出版されます。

《ヘルベルト・フォン・カラヤンのリスト演奏史》総覧 にも、編曲版について触れられていた。

本記事で紹介したシノーポリ盤については、ユニバーサルミュージックの公式ページに以下の紹介があった。 

リスト:ハンガリー狂詩曲 第2(4)番 S.359の(管弦楽編曲:フランツ・ドップラー)

ドップラー単独の?編曲版の楽譜もあるようだ。
http://gakufu.shop-pro.jp/?pid=22944587

WIKIPEDIA 英語版の ドップラー の項には以下の記述があった。出典はどこだろう?単独編曲と共同編曲のことには触れられていない。
http://en.wikipedia.org/wiki/Franz_Doppler

He is best known for the orchestral arrangements of six of Franz Liszt's Hungarian Rhapsodies published under his name. He was a student of Liszt, and Liszt set Doppler the exercise of orchestrating six Rhapsodies. Every single bar of these orchestrations was revised by Liszt upon publication, but he graciously allowed Doppler's name to remain on the title page.
ドップラーの名前は、その名前で出版されたリストのハンガリー狂詩曲6曲のオーケストラ編曲によってよく知られている。リストは生徒の一人であったドップラーに6曲の狂詩曲のオーケストレーションの練習をさせた。その出版にあたり、リストはこのオーケストラ編曲の各小節を校訂したが、出版譜の表紙にドップラーの名前を残すことを慈悲深くも許したのだった。

|

« 太陽が冬眠する? | トップページ | 昨日は彼岸の中日 春分の日 前日は春の嵐 »

ディスク音楽01 オーケストラ 」カテゴリの記事

ディスク音楽04 独奏」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37411/47865219

この記事へのトラックバック一覧です: リスト ハンガリー狂詩曲第2番(ピアノ独奏原曲)とオーケストラ編曲:

« 太陽が冬眠する? | トップページ | 昨日は彼岸の中日 春分の日 前日は春の嵐 »